オルタナティブ・ブログ > モノを買わなくなった時代、ほな何やったら買うてもええねやろ? >

大量消費をボイコットしはじめた生活者視点からのインサイトメモ

南信州の小さなデザイン事務所さんとデザインする:山里の小さな工務店さんのブランディングサイト「花の木の家」

»

今年の9月くらいから、長野県阿智村に通って、友人(山里の小さな工務店さん)が手掛ける「ライフスタイルデザイン住宅:花の木の家」のブランディングサイト制作に携わっています。

HananokiAutumn1200550.jpgHananokinoie.png
阿智村にある山里の小さな工務店
「株式会社バイオ・ベース」
https://b-b.link

リニューアルする前の、元のWebページがWordPressで運用されていたので、WordPressを最新版にアップデートした上で、新たなデザインテンプレートを探すことにしました。

HananokiAsterisk8080.png

デザイン性が高く、使い勝手の良いテンプレートを選び出し、必要に応じて配色等をカスタマイズする。これらを自分ひとりでやってしまうと、デザインテイストのベクトルを決めてゆく上での、選択の幅が狭くなってしまいがちです。

また、東京から阿智村まで移動しなくても、代わりに取材や撮影をしてもらえる現地のデザイン会社があれば、新たなページを急ぎで追加しなければならないような場合でも、柔軟に対応することができる。

そういう考えがあって、阿智村~近隣の飯田市周辺で以下のようなゼイタクな要件を満たすデザイン会社さんはないものかと、Googleマップで探しました。

・Webページのデザインができる
・グラフィックデザイン全般ができる
・写真撮影もこなせれば尚可

そして見つけたわけです。
わたくしのゼイタクな要望をかなえてくれる素晴らしいデザイナーさんを:

ACP_logo.jpg
https://acp-design.net

看板にイツワリ無し!
ACP+designの寺澤朝子さんは、東京で写真とグラフィックデザインを学ばれ、数年前に地元飯田市で「小さなデザイン事務所」を起業。Webデザインもアートディレクションも写真撮影も安心してお願いできるのです。

カーボン一脚を携えて撮影に臨む寺澤さん:
designer01.jpg

今回、寺澤さんには、アートディレクターとして、ベースとなるWordPressテーマの選定およびサイト全体のカラースキームのデザインを担当していただきました。

クライアントも交えて、オンライン&オフラインでのディスカッションを重ねながら、注文住宅を手掛ける工務店のサイトとしては非常にカラフルな配色とし、メインカラーには濃いめのピンクに近い感じの赤(R200, G30, B70)を選びました(下記カラーチャートの左下の色)。これらの色は「花の木の家」というブランドネームから着想を得て作り上げたものです。

BioBaseKeyColors.png

ハナノキの紅葉:
leaves600.jpg

DSC2869_1024680.jpg
天然記念物ハナノキからインスピレーションを得て、ライフスタイルデザイン住宅「花の木の家」と命名。

「花の木の家」という名称には、「花の」木の家、すなわち「最高の」木の家であれ、という作り手の思いがこめられています。


Hananoki.png


株式会社バイオ・ベース
「花の木の家」サイト:
https://b-b.link

workshop1024.jpg
今後も順次、増補改訂の予定です。

Art Director: Asako Terasawa ACP+design
Creative Director: Jirreaux Hiroé SPINOZA LLP

Comment(0)