オルタナティブ・ブログ > 杉並区「入れ歯専門の歯医者さん」今日の出来事 >

「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

入れ歯にプラスチックを盛り上げて、唇のシワを消した症例

»

「これは、どうしようもないことなのでしょうか?」
Uさん(60代・女性)の悩みは入れ歯になって以来、実年齢よりも老けて見られること。入れ歯を装着すると上のくちびるにシワが寄るようになったのが原因です。

入れ歯を調べると上手にできています。上くちびるに影響を与える部分も教科書に載せてもいいような、きれいな形態です。
しかし治療では教科書どおりの理想的な形を作っても解決できない場合があります。

治療でもっとも大切なことは患者さんの悩みを解決することです。そのためには基本を守って、教科書どおりに治療することも大切ですが、時には教科書にはない世界へ飛び出す必要もあります。

今回は教科書から外れますが入れ歯の上くちびるに影響を与える部分にプラスチックを盛り上げて3ミリほど厚くしました。修正した入れ歯を装着してもらうと上くちびるがプックリ膨らんでシワが消えました。

 
「うわあ、若返りました。これならいいですね!」
鏡を見たUさんは笑顔を取り戻してくれました。

今回行なったUさんの入れ歯を改修する治療は保険適用で約3,000円でした(治療費は症状により個人差があります)。

Comment(0)