オルタナティブ・ブログ > 杉並区「入れ歯専門の歯医者さん」今日の出来事 >

「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

咬み合わせを調整して、入れ歯を安定させた症例【西荻窪のいとう歯科医院】

»

「食事すると上の入れ歯がすぐに外れるんです」
そうおっしゃるのは60代女性のNさん。

小柄な体格で入れ歯も小さく、一般的には難しい症例です。

驚いたのは口を開けてもらって私が入れ歯を外そうと指をかけた時でした。

あれ? 外れない。

まるで吸盤のようによく吸いついています。

条件の良くない小さな口の中でこれだけ吸いつく入れ歯を作られた他院の先生は大変お上手とわかりました。

新しく入れ歯を作りなおさないほうがいい。 
このようにできのいい入れ歯なら調整してより良く使えるようにするのが当院の基本方針です。

口を閉じると外れる原因はすぐにわかりました。咬み合わせです。

咬むと上下の前歯が当たって入れ歯をグラグラ揺らしているのです。
そこで入れ歯の前歯の裏側を削って下の歯と当たらないようにすると、咬んでも入れ歯が揺れることなく奥歯で安定して咬めるようになりました。

「あっ、しっかり咬めます!」患者さんにも変化はすぐにわかります。

入れ歯の不調は様々な原因があるので今回のように上手くいくことばかりではありませんが、案外簡単に治ることがあります。

他院で作製された入れ歯でも保険治療で調整できますので気軽にご相談ください。

今回行なったNさんの入れ歯の咬み合わせ治療は保険適用で約1,000円でした(治療費は症状により個人差があります)。

いとう歯科医院ホームページhttps://www.ireba-ito.com

Comment(0)