オルタナティブ・ブログ > Azureの鼓動 >

クラウド戦役をZガンダム視点でわかりやすく解説するブログ+時々書評。

【急募】Azureアプリをつくって最新PCをゲットしよう!今度のCloudAppContestは10/16締め切り

»

どうせAzureアプリをつくってみるなら何か見返りがあった方がいい。機種も明かされていない
Windows7対応ノートPCがどのくらい励みになるかは分からないが、Azureを用いたクラウド開発の
第一人者に仲間入りできるチャンス到来(再び)
である。

例によってあまり案内が徹底していなくて申し訳ないのだが、Windows Azure を用いた開発コンテストの
第二弾
が開催されている。10/16日締め切りなので、シルバーウィークにでも時間をとってチャレンジして
みてはいかがだろうか。今回は審査員評価によるASP.NETアプリとPHPアプリの2部門と、一般投票による
コミュニティ投票部門の3つが展開され、それぞれ上位にはノートPCやWindows Mobile Phone、
デジタルフォトフレームなどが商品として用意されている。いずれも機種は明かされていないが、
日本では買えない端末になるかもしれないことを想定すると提供数も多い Windows Mobile Phone が
案外魅力的かもしれない。

Cloudappcontest01
サイトでの案内や申し込み受付は英語でしか行われておらず、少々読解や作文に面倒を掛けてしまう
こととなり申し訳ないが、がんばって乗り越えていただきたい。もちろん、日本からの日本人の参加も
OKなので、各国の開発者に負けない果敢なチャレンジを期待したい。ただ、申込時に若干の作文が必要であり、
言葉の壁がネックになっているという方は、私の方でベストエフォートで応援・対応させていただきたい
と思うので個別にご連絡いただきたい。(shisago@microsoft.com ←@半角)

ご存じない方もいらっしゃるかもしれないが、このAzureを活用したアプリ開発コンテストは今回が2回目。
1回目は6月に行われ、日本の先進的な開発者からも我々の声がけに応じてエントリーしていただいた。
前回は日本人部門を設け、優秀な作品のいくつかをTechEdの私のセッションでご紹介させていただいた。

(過去の私のブログのエントリー)
【急募】第一次アーガマ隊選抜。プログラミングコンテストnewCloudApp()開催
最優秀パイロットはGPSやソーシャルを絡めた次世代派を選出。newCloudApp()結果発表

今回は、前回の反省をふまえたのかどうなのか、審査のクライテリアが明記されている。
1. Azureの「ならでは感」を引き出すアプリのコンセプトやアプローチ
2. Azureがもつさまざまなクラウド技術の革新的な使い方
3. ぱっとみてわかりやすい明快さ
4. 実装はシンプルに
5. それでいて実用的
そんなアプリを思いついてしまった貴方、是非エントリーしてみていただきたい。
(ココだけの話、思っているほど倍率は高くないかもしれない)

Cloudappcontest02

評価基準を提示されただけではどんなものを作ったらよいのかよく分からない、という方のために
参考になるかノイズになるかは不明だが、前回私の勝手な妄想をいくつか書き下してあるので
アイディア発露の呼び水となれば幸いだ。

アーガマにのり遅れない/ブライト艦長に修正されないためのnewCloudApp()応募ガイド

他にも、最近はマイクロソフト周辺でも twitter は比較的好印象なので、twitterボットあたりはつくってみると
オモシロイかもしれない。そのノリでiPhoneアプリあたりに目をつける方もいらっしゃるかもしれないが、
怒り絶頂のスティーブ・バルマーに踏みつけられないよう、コミュニティの票集め1点がけでない限り
Windows Mobile の方が無難だろう。いずれにせよ、Azureならでは、クラウドならではの
スケーラビリティや可用性の高さを活かしたアプリケーション、シナリオを考えてみていただきたい。

ちなみに、Azureの開発者はU.S.に多いのはもちろんのこと、U.K.やインドにも多く分布しているようだ。
日本は本来の開発者のレベルの高さをもってすれば、もっとAzureのような先進的な環境に深い興味を持ち、
スキルを蓄積している開発者が多くても良いはずである。クラウド=黒船=外資ベンダーが云々という
論調が強いが、データセンターが日本にあるかどうかなどたいした問題ではなく、クラウドの本質を
見抜いている我々こそが、クラウドを誰よりもうまく使えるところを世界に見せつけてやろうではないか。

「明日の未来の為に我々日本国国民は立たねばならんのである!」(ギレン・ザビ演説・改)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する