オルタナティブ・ブログ > Azureの鼓動 >

クラウド戦役をZガンダム視点でわかりやすく解説するブログ+時々書評。

Above the Clouds にみるクラウドベンダー選定基準

»

前回に続きクラウド関連の文献を紹介したい。
Above the Clouds というUCバークレイの論文である。
2/10に発表されて以降、さまざまなブログで引用されている。
Reliable Adaptive Distributed Systems Laboratoryという分散システム研究のメンバーが執筆しており、
マイクロソフトもファンディングメンバーとしてGoogleやSun Microsystemsと共に名を連ねている。

英語を読むのが面倒な方でも、ざっと目を通しておくべき有意義な表がいくつかある。

例えば、本文中の表4では、Amazon Web Services と Windows Azure とGoogle App Engine の比較を
コンピューティング、ストレージ、ネットワークの軸で整理してくれている。
Force.comやBlue Cloudの記載はないが、ベンダーが積極的に比較表を作りたがらない現状、
客観的に一覧で全体を把握したい場合に助けとなるだろう。

また、表5では、Jim Gray (Microsoft Research) の論文をアップデートしてCPU、ストレージ、ネットワークの調達コストを
2003年当時と、2008年現在で比較した上で、さらにAmazonの単価を併記している。
自分で所有するか、クラウドのリソースを使うべきかという議論で、早期にクラウド側に持ち込みたい
という場合には「お買い得感」を強調する上で使えるかもしれない。

続く表6には、クラウドコンピューティング普及の課題がまとめられている。
これは、どのクラウドベンダーを選定するかという基準になるだろう。
いずれも現状や短期的に解決できるものではないため、今後激化するクラウドベンダー同士の競争の中で、
これらの課題を解決するための技術力と資金力に勝るプレイヤーは誰か「勝ち馬を見極める」先見の明が必要だ。

1. サービスの可用性
2. データの囲い込み
3. データの機密性と監査性
4. データ転送のボトルネック
5. パフォーマンス予測の不確実性への対応
6. ストレージのスケーラビリティ
7. 大規模分散システムにおける不具合対応
8. 迅速なスケーラビリティ拡張
9. サービス悪用による連帯責任の回避
10.ソフトウェア・ライセンシング形態

この論文の中では、Amazonに関する記載最も詳細になされている。
一見Amazon贔屓に見えるかもしれないが、そうではない。
Googleもマイクロソフトもまだ情報を意図的に出していないだけである。

先行者利益は確かにあるだろうが、突出しすぎると戦力は続かないものである。
索敵により戦力分析できれば、後発ベンダーは容易に攻略できる。

論文中にデータセンター運営の地域別コストの表も掲載されているが、
クラウド戦役は基本的には規模の経済の戦いとなるだろう。
大規模なデータセンターを作り、電力を安く調達して、効率的な運営が出来るのはどこか?
革新的かつ独占的なな発電・冷却技術でもあれば別だが、国力に勝る軍勢に分がある。
そのような地合の場合、たとえどんなに優秀なニュータイプ兵器を投入できたとしても、
圧倒的な物量の前に太刀打ちできないのが現実だ。キュベレイも取り囲まれて物資が切れれば終了である。
残念ながら、無双シリーズのようにことは進まない。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する