オルタナティブ・ブログ > 仮想化&ストレージの基礎と最前線 >

今日における企業内でのオープンスタックの利用状況

»

おはようございます。
今日は何の日かというと、私の誕生日であるとともに、Babymetal誕生の日です。私の年齢はどうでもいいとして、Babymetalのお披露目から6年経って、東京ドームを2日間もやれるようになったと思うと感慨深いですね。この一年は自分にとってもBabymetalにとっても、さらなる飛躍の年にしたいものです。

本日は、徐々に企業内で徐々にに使われつつあるオープンスタックのお話です。

2af8df200fa7c5a00def5a6bfe3f7ed9_s.jpg

■クラウドコンピューティングの新型

Novaは、コンピュータ機能を提供しているプログラムでCinderはブロックストレージ機能を提供しています。Swiftはオブジェクトストレージ機能を機能として提供しており、Keystonは認証機能、Glanceはマシンイメージ管理機能を担当し、Newtronはネットワーク機能を提供しています。各部署で働いていますが、これを統合したのがオープンスタックです。クラウドコンピューティングの基礎的な役割を十分に果たすだけでなく、更にITユーザーにとっても合理的な機能を備えていて、蓄積されるデータの管理の手間がかからなくなります。また、永続的ブロックストレージを提供しており、USBケーブルなしでHDDを接続するような感覚で、データの保存が更に楽になるシステムを提供しています。事業者が安心にITを利用することが出来るようにプライベートクラウドはファイアウォールで囲まれており、業界内・企業内にクラウド構築するサービスとして古くから利用されてきました。

■多数の機能で構成されていて多くのIT企業からの支援も受けてきたオープンスタックの特徴

オープンスタックは、将来的なデータ量増大に対して注目を浴びている新プロジェクトでもあります。仮想マシンやデータを保存する為に利用でき、多数の機能で構成されていて多くのIT企業からの支援も受けてきたオープンスタックは、Amazon.comのAmazon Web Servicesとはサービスの互換性があるようです。また、AWSで動作しているソフトウェアやシステムを簡単に移植可能な面も機能に含まれており、Shared Servicesも搭載しているので利用者の認証やアクセス権限の管理も行うことができ、セキュリティ面でも十分な配慮がなされています。
その他にも、システムを構成する際の資源の使用量や状況の記録と集計をカウンターする「Telemetry Service」、アプリケーション実行環境の構築を自動化する「Orchestration Service」も搭載されています。これによってスマホやアンドロイドの仕様ももっと軽快に出来るようになり、更に多くのデータベースを手軽に構築することが可能な「Database Service」も搭載されています。ファイル共有サービスである「Shared File System」などもサービスに含まれていて、複合的に便利に使用することができる準備が整っています。

■日本企業の導入例

日本の企業でもオープンスタックを導入して自社クラウドを構築している企業も増えており、特にキリンや大手のITをサービスではクラウド基盤ソフトウェア「オープンスタック」をすでに利用しています。今まで400個のシステムを2000台のサーバで稼働していたキリンですが、環境もWindowsやLinux、UNIXとなりシステム事態の統一が出来ていなかったようです。また中にはサポートの有効期限が切れたりする事もあり、NTTデータの方からプライベートクラウドを構築するよう提案したところ、2016年から導入をしており、コスト面ではサーバあたり75%のコスト削減効果があると見込まれています。

■更なる企業や団体でのデータ管理におけるソリース

また、自社の「Kirin EA」と呼ばれるウェブアプリケーションを構築し社内で社員が情報野共有を行い、サーバ環境のテストでは自動化を行います。更に、インベントリ情報の収集も自動化することが可能なので、メタデータを収集してからデータの移行も行うことができ、Kirin EAでの管理が簡単かつ便利になりました。自社の情報管理をもっと効率化し統一することで、ムダな情報や必要な情報を分析して分ける事が可能になり、更に簡潔化することができます。リソースの効率利用のためには、まさに最適化してくれるソフトウェアなのです。管理機能をまとめ統合したのがオープンスタック(オープンスタック)で、更なる企業や団体でのデータ管理におけるソリースとして注目されています。様々なIT企業のシステムが盛り込まれていて、クラウドソーシングをより効率化して使いやすさを考慮しており、安全面でも信頼性の高いサービスです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する