オルタナティブ・ブログ > NetStats >

ネットがライフラインとなっているビジネスパーソンのために、旬のネットサービス、イケているInsurTechテクノロジーからブロックチェーンまで、インターネットの最新のトレンドとネット活用術を書き綴ります。

iPhoneで鬼ごっこをしよう! - 教えてお気に入りiPhoneアプリ Vol.2

»
OnigokkoLogo.jpg

今回はフィードパスの事業推進本部で主にWebメールサービスのfeedpath Mailを担当している萬屋ヒデくん(仮名)のお気に入りiPhoneアプリを紹介します。

ヒデくんはiPhone対応しているfeedpath Mailの担当していることが、iPhoneを利用するきっかけとなりました。ヒデくんはプライベートではではドコモの3Gケータイを利用していますが、iPhoneはfeedpath MailのアドレスブックとiPhoneの連絡先(アドレス帳)と同期を取れるので、昨年の5月からiPhoneをビジネス利用で(音声通話も含めて)利用しています。その傍らiPhoneアプリをしっかりと楽しんでいます。

Hide.jpg

ヒデくんに最も利用しているiPhoneアプリは何ですか?と問いかけたところ、Twitterクライアントの「TwitterBird」が最も利用しているiPhoneアプリとのこと。「TwitterBird」は「Echofon」などの無料Twitterクライアント比較してリストなどの管理もしっかりできて使い易いとのことでした。しかしながら、ヒデくんのお気に入りのiPhoneアプリは「鬼ごっこレーダー」です。

「鬼ごっこレーダー」はiPhoneを利用したリアル鬼ごっこのできるアプリです。

「鬼ごっこレーダー」の利用方法は至って簡単です。まず、自分が鬼になるか逃亡者になるかを選択してスタートします。「鬼ごっこレーダー」の機能の1つでもあるレーダーを使うと自分の居場所と参加者の居場所が一目瞭然わかります。ただし、その参加者が鬼なのか逃亡者なのかはわかりません。「誰かがレーダーを使っている」ということが参加者にわかるようになっているところがミソです。このあたりの駆け引きが絶妙に面白い人のこと。

実際にヒデくんは、10人くらいの友達と代々木公園で「鬼ごっこレーダー」を利用したところ、昔の遊びがデジタルガジェットを利用して再復興する楽しさは癖になるくらい面白いらしいです。

Oni1.jpg  iPhoneHide.jpg
鬼ごっこレーダーのスクリーンショットとヒデくんのホーム画面

最後にiPhoneというよりソフトバンクに対するヒデくんの要望ですが、ドコモに比べるとソフトバンクは電波が入らない場所が結構多くて困っているようです。特にヒデくんは通勤で地下鉄を利用していることから地下鉄の駅など電波が入りにくいと言っていました。

■今回紹介したお気に入りのiPhoneアプリ

  • アプリ名:鬼ごっこレーダー (iTunesが起動します)
  • カテゴリ:ゲーム
  • 言語:日本語
  • 価格:無料

ナマステ!

Posted by フィードパス 後藤 康成 (Yasunari Goto)

Comment(2)

コメント

澤田景子(管理人)

ブログ更新、ありがとうございます。
管理人はiPhoneをもっていないのですが、こういった楽しいアプリを見ると正直欲しくなっちゃいます。が、ブログにも書かれているとおり、電波の入る入らないで購入をためらってしまうのもまた事実なんですよねー。iPhoneを手に入れた時には、このアプリは入れたいと思います。今後のブログも、楽しみにしています。

鬼ごっこ!! 実はたかきもちょっとこのアプリで遊んだことがあります。当時開発者がオフ会を開いて、30人ぐらいで某御苑で鬼ごっこ大会をしたんですよねー。

ただ、その時はサーバの負荷が高すぎて、あんまり動けなかったんですが、iPhone上でサーチしたり、コメントしたり、動かないなりにも未来を感じたものです。

最近どうかなあ。またチャレンジしてみたくなりました。

コメントを投稿する