オルタナティブ・ブログ > Godspeedな生活 >

地方都市のおじさんが思う「家族と仕事とお勉強のワークライフバランス」

やってみなはれ 〜NIFTY Cloud Working Group〜

»

 昨年の経済産業省にて公表された「クラウドコンピューティングと日本の競争力に関する研究会」の報告書をさらっと見ると、基盤整備、制度整備、イノベーション創出の3本柱にて、なんと、2020年までに累計にて40兆円を超える新サービス市場の創出を見越しているという。

 昨年11月に、ニフティ株式会社の協賛の下、国内独立系ソフトウェアメーカー11社により設立された「ニフティクラウドワーキンググループ」に弊社も追って参加し、同ワーキンググループが2月初旬に立ち上げた「サムライクラウド」のデモサイトに、第一弾のサービスとして、弊社からファイル転送サービスを行うWebファイルサーバー「ATGateway」を公開し、約1ヶ月が経過した。

 同ワーキンググループでは、シームレスな国内クラウド環境の実現のため中小独立系企業からSIerまでメンバーも幅広く、技術連携を進めながら、日本のビジネス環境にマッチしたコモディティ化を目指すとしている。

 デモサイトの立ち上げとなり、まずは触っていただくことが先決と弊社の既存技術ベースにクラウド上に乗せ換えたサービスが「ATGateway」である。

 すでに、オンラインストレージやワンタイムワード付きのファイル転送サービスも存在する。今回のデモサイトでのサービスは、ファイル転送にあたり、ファイルのリンクを連絡するメールと、ワンタイムパスワードのメールを別々に送付する機能、転送先が同ファイルをダウンロードした旨を送信者に伝えるDL確認メールの配信機能、また、ファイルの送信履歴についてはデモ用アカウントのためマスクするようにしている。

 単体の機能では特徴が活かしきれない可能性もあろうが、ワーキンググループメンバー企業の独自のサービスとの連携にて、個々の中小独立系企業では実現できないクラウドサービスの可能性も模索できる。デモサイトにて利用できる機能の限定的だが、徐々に多様なサービスも用意されると思う。

 まずは、「やってみなはれ」のデモサイト。厳しいご意見も承知の上、一度、アクセスいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

【お願い】
 同サイト・「ATGateway」へのご意見、ご感想については、「ニフティクラウドワーキンググループ」・お問い合せページより、頂戴できると幸いです。何卒、よろしくお願いいたします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する