オルタナティブ・ブログ > なるいのDRM進化論 >

デジタルコンテンツ流通の潮流を見据えて

電子コンテンツにアフォーダンスはあるか?

»

Picture_5心理学者佐々木正人のアフォーダンスに関する本が面白い。心理学とは必ずしも人間の視点だけで物事を理解するものではなく、物質や環境の視点から理解することもできるということだろうか。アフォーダンス(Affordance)とはWikipediaによると、

環境が動物に対して与える「意味」のことである。物体の属性(姿や変化など)が、動物に対してその物体の取扱い方についてのメッセージを発しているとする考えに基づく。アメリカの知覚心理学者ジェームズ・J・ギブソンによる造語であり、生態光学、生態心理学の基底的概念である。「与える、提供する」という意味の英語 afford から造った。

ギブソンはその起源はゲシュタルト心理学にあるという。物質や環境にはそれぞれ情報を持っていて我々に対して何らかの動作を促している。英語でAffordとは〜できる、〜する余裕があると言った意味だ。I can't afford a new carで自分には新しい車は買えない、持てないってな意味になる。あらゆる物質は一定の情報(意味)を発信していて我々はそれを感じ取って行動を起こしている。例えば、机の上に本がある。その本はそこにいる人にそれを手にとって、頁をめくり、さらには内容を読むように情報を発信している。それを感じて実際に手にとり読む。普通は本は単なる物質で人がそれを見て自発的に手に取ったり読んだりするものだと理解しがちだが、そうではないという理論だ。よく例に出されるのは花は色や形や匂いなどで虫を誘っている。これはなんとなく理解できるが、無機物である本が同じように情報を発しているというのだ。この時本や花には「アフォーダンス」(affordance)があるということだ。すべてのものがアフォーダンスを持ち、我々はそういった無数のアフォーダンスのなかで知覚し行動している。ただ同じアフォーダンスでもそれぞれの人の経験によって変化する。ここがややこしいところだが、やっぱり人間の経験や理解が最終的な認知を決定しているのかとも思える。

確かにアナログの物質にはなんらかの精神的、心理的に人を惹き付けるものがあるように思う。書店に並んでいる本もそれぞれが自己主張をしている。それを感じるかどうかはその人の経験や意識によるのだろう。何気なく手に取る本もある。それは意識しないだけで本の発するアフォーダンスを無意識に受け取っているということだ。

さて、ここで本題。いったいデジタルコンテンツにアフォーダンスはあるのだろうか?例えばKindleには物体としてなんらかの人を惹き付けるものがあるだろうか。デザイン的にそれほど優れたものでは無いのでたいしたアフォーダンスではないと思うがゼロでは無いだろう。だがその中のコンテンツには?iPodも魅力あるデバイスだが、その中にあるMP3となった音楽に人はアフォーダンスを感じるだろうか?昔はSP、その次はLP、そしてCDと音楽のパッケージは半世紀の間に変遷してきた。ここ数年でそれはネット上のファイルになり、それはiPodやiPhoneの中に格納されている。iTunesはよくデザインされたアプリケーションだが、SP/LP時代は紙、CD時代はプラスチックのジャケットを撫で回した感覚とはほど遠い体験だ。好きな本を鞄に入れて持ち歩いたり、汚れないように気をつけながら読んだ感覚もKindleからは期待できない。・・と言ってノスタルジーに浸るつもりはなく、デジタルの世代としてのアフォーダンスを創造するにはどうしらたいいのかを考えている。

Comment(3)

コメント

Noboru

標題を見て此処へ訪れました。人とのインタラクションがあるデジタルコンテンツなら、ギブソンのアフォーダンスは自然にあると思います。アニメ「電脳コイル」では、子供たちが電脳空間で自在にアフォーダンスを探しまわります。ARで有名なアニメですが、電脳空間のアフォーダンスについても語られて良いのではないかと思います。

なるい

Noboruさん、コメントありがとうございます。「電脳コイル」は知りませんでした。今度探して読んでみます。人とのインタラクションの質によるのだと思います。デジタルになるとどうしても希薄なものになってしまうような気がします。

Noboru

なるいさん、早速のお返事有難うございます。
アフォーダンスは探して見つけるものなので、ユーザーに探索の機会を与え、隠さず素直に見せる事がインタラクションの質の高さになると信じます。デジタルを希薄に感じるのは、使い方を決められてしまい探索ができないか、できたとしても浅い領域で終わってしまうことが多いからではないでしょうか?ユーザーにどんなアフォーダンスを見せるかという視点で製作者が予定してしまうと、不自然になり、本物感を失ってしまうような気がします。又、表現力の低い、テキストベースのようなものであったとしても、探索の機会を用意することは十分可能で、表現力にこだわり過ぎない方が良いと思います。

電脳コイルは子供向けのアニメで、小説もありますが、テレビが原作ですし、テレビで見ないと感じがつかめないと思います。
http://www9.nhk.or.jp/anime/coil/main.html

コメントを投稿する