オルタナティブ・ブログ > ドーダスドニノようこそ! >

グループウェアを真剣に考える広場!

■09年ってSaasに引っ張られた感じがする

»

■あっと言う間の一年でした!
気づくと会社は休みに入り、さあ、お正月の準備に取りかからなければならない時期になっています。あっと言うまでした。ブログを長ーい事休んじゃいました。ついつい、Twitterの手軽さに引き寄せられてしまっていたのが原因です。ごめんなさい!ちなみに、ID=DOMINOMARUです!

■Saasが広がったのか?
クラウドとかSaasとか何やらデータセンタビジネスが旬なイメージを受けましたよね。クラウド時代のXXと言う題名のセミナを良く見かけ集客も多かったように感じます。皆さんの関心は高かった事は間違えありませんね。但し、果たしてその実態はどうだったのかなあと思うと、まだまだ事例は少ないくしかも、ASPと何が違うのかあまり良くわからない事例が目立ちました。
皆さんはクラウドやSaas(他にPaasだのHaasだのありますが)ってどのように受け止めています?って言うより、何をメリットにクラウドだとかSaasだとかを検討しているのですか?
1)サーバ等の導入コストや運用コストを減らしたい?2)アプリケーションのライセンス等のコストを削減したい?3)今は流行のノマドワーキングの環境に活用したい?皆さんはどうお考えなのですか?もう一度良く考えてみて下さいね!
■Saasの検討で情報系が注目されている
色んなお話を聞く中で一番困ってしまうのは、取りあえずSaasは情報系からやってみようと言われる事なんですよ”情報系システム” < ”基幹系システム”と考えられてしまっているのは悲しい限りです。しかもグループウェアを見直すか?っと簡単に言われちゃうんです。確かに、グループウェアがシステムダウンするのと、基幹システムがダウンするのとでは影響度合いが違う事は解ります。只、グループウェアってその会社の文化に直接影響する製品だと私は思うので、簡単に見直す等と思わないで欲しいなあと思います。現行のグループウェアを使いこなせないからと言って原因も見つめる事無く諦めてしまい、他の製品に、しかも安易にSaas等に乗り換えるのは多いに疑問です。

私は、社員の意識や社内の文化を可視化するにはグループウェアって便利だと思います。是非お困りであれば、連絡ください。一緒に問題点を考えて行きたいと思います。

ちなにみIBMの偉い人がその昔、世界に5台コンピュータがあれば充分だと書いてある本を見たような気がします。今思えばアマゾン、セールソフォース、グーグル等のコンピューターで仕事が出来ちゃう時代が来るのでしょうか?
何となく、来ちゃうんですかね!ネットワークって怖いなあっと痛感しました。

話はかわりますが、映画アバターは凄かったですね。映画のシーンで人の意識がアバターにリンクして行くシーンがありました。凄い早さと大容量のデータ転送技術がベースにあるんだなあっと感じました。(3Dシアターがおすすめです!)

■皆さんよいお年をお迎えください、そして2010年は明るいネットワーク社会とリアルなコミニュケーション社会を作って行きましょう!

Comment(2)

コメント

D_YM

NotesDomino8.5.1に関しての検索をしていたらヒットしました

D_YMと申します。
100名規模の会社の社内SEやってます。
ちなみに情報系のシステムはもちろんNotesです。

昨今、クラウドとかSaasとか言われていますが、
企業として使用するに当たっては、どうも、重要な社内情報を外部業者の管理サーバーに格納するという考え方に違和感を感じてしまいます。
また、結局のところ、ネットワークありきのサービスと認識しています。
通信プロバイダのトラブルなどで対外部のネットワークが停止してしまった場合、この間の業務停止による被害についての責任所在は何処にあるのか?
おそらく、自己責任となると思います。
これは、これらのサービスを提供している複数の会社に問い合わせた際に必ず言葉を濁す部分でした。

個人でクラウドサービス利用については、別にかまわないと思うのですが、企業で対外的なサービス利用はよほどの理由がない限りは導入はしないほうが良いかなというのが自社での社内SEとしての見解です。

D_YMさん 始めました、コメントありがとうございます。社内システムを任されている皆さんなら、当然の見解だと思います。AmazonEC2等インフラのリソースを提供し、開発やテスト等での資産を減らす等は凄く良いとも思います。実際は事例と言う形で市場は見えてくるので、皆さんにご紹介できるように、情報等を収集して報告します。

コメントを投稿する