オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

ボーマスに行って、ボカロ界の行く末は安泰だと確信した件

»

 昼飯を食ったあと、ふと思い立ってボーマス(VOCALOID M@STER、略してボーマスという、VOCALOID専門の同人イベント)に行ってきました。蒲田の大田区産業プラザというところまで自転車で。往復で53kmくらいでしたけれども。

 到着したのは2時半くらい。1時スタートだからそろそろゆったり入れるくらいかなと思ったら、カタログも入場券も完売だそうで入場制限がかかっていました。なので、3時まで別室で待機。30分くらい待ちはしましたが、そのぶん無料で入場できたのでお得ということになりますね。

 会場はすごい混み具合ですが、冬ということもあり蒸し暑くもなく、コスプレイヤーが多いなという第一印象。でも、CD販売のブースまで行き着くのが一苦労。今回の目的の1つである、かごめPによる歌愛ユキCDをまずはゲット。シューティング☆スター、でぃすこ☆しょこらてっくの2曲とそれぞれのカラオケ、さらに新曲「ユキちゃんのゆううつ」というのが入っていて吉でした。

 会場で気になったのが、参加者の若さ。以前よりも年齢が下がっている傾向にあるのではないでしょうか。ほかのTwitterコメントにもありましたが、女子中高生の数がかなりいました。彼女たちはかなりのボカロファンのようで、有名Pと話したり、サインをもらう列に並んでいたりとか。

 ああ、もうこういうカルチャーが出来上がっているんだ。大学生を中心とした学生・若者が音楽を作り、そのリスナーは中高生が中心となっていく。

 VOCALOIDのエコシステムは、あと1、2年で収束するようなものではなく、5年、10年単位の永続性を持つものかもしれません。

 力を失いつつある日本の音楽産業の一方で、ボカロミュージックの占有率はさらに高まっていくのではないでしょうか。

 あと、展示会場に併設されたステージで行われていたライブ演奏で、VOCALOSSANCEによるジャズ演奏が素敵だった。「炉心融解」、「ロミオとシンデレラ」をジャズアレンジして演奏していた、喜兵衛さん、ちえPほかボカロPらによるインストバンドなんですが、この出来がかなりよくて、会場全体から拍手が自然におこっていました。ちえPによる「放課後ちょこかっぷ」が1曲目だったかな(Twitterでの指摘で追記)。

 聴いてわかったのは、これらの曲がインストに耐えうるということなんですね。ボーカルなしでも成立する。もちろん演奏がいいというのもありますけど、数千人から数万人のクリエイターが数人の歌手のために優れたメロディーを生み出そうとしてる中で生まれた名曲なわけで、当然なのかもしれません。

 といった感じで、ボカロ界の今後はさらに楽しみになってきました。次は3/9のミクライブ、そして3/10の情報処理学会ミクイベント。まだまだたくさんイベントが待ってます。

 ところで、VOCALOID Tonioってまだ? early Februaryだったはずなんですが。

 ボカロ名曲ジャズアルバムはすでにどこかで動いているのかな?

Comment(4)

コメント

毎回参加

お邪魔します。
ボーマスですけど、毎回期待をもって参加してるんですけど正直コスプレはもういいと思いました。
実話ですけど、品川でボーマスのカタログ持った母、祖母同伴の女子中学生
(もしかしたら小学生)を見かけて、その後会場に行ったら、ハイレグTバックのコスプレの人が写真集売ってました・・・・・・・
すれ違った中学生のお母さんは次、娘をボーマスに行かせるでしょうか?コスプレ自体が悪いとは思わないんですけど・・・・・

ボーマスの賑わい=ボカロ界の明るい未来、はチョットズレてきてるのかなと心配になりました。何かくらいコメントですいません・・・・
でも新しい試みのステージもあったので、次回を注視していきたいです。
(ジャス演奏私も聞いてました、素晴らしかったですね)

アロハ

もはやボーカロイドと直結したイベントではなくなりつつありますが、ニコニコ動画を
舞台にした第4回MMD杯"A NEW HOPE"も、今週末、2月12日から本選が始まりますので、
お楽しみに。

匿名

毎回参加の方へ横レスですが、最近は同人文化が低年齢化と同人文化に親しんで成長したのにも関わらずちょっとマナーに欠けているお母さん方(多分父親はいないでしょう)ってのは、どんな同人イベント会場にも出現している現象なので、ボーマス主催者さんは真面目に育児所の設置と年齢制限(は言いすぎですが、親子同伴と言うのが分かりやすいバッチ。もしくは中学生以下は×)、後コスプレイヤーの方々がいらっしゃる場所の区別は必要でしょうねー。と、同人イベントはした事は無いんですが、イベントを何度か手伝った経験でもそんなことは言えちゃったりします。元々子供が来るって想定していないと、事故が起こり賠償責任が発生して、裁判沙汰になってボーマスが潰れたり、何てことにならないように、スタッフさんはもう少し増やしてもらうか、経験値が高い方を配置してくれると…多分。

桜坂 新月

>VOCALOIDのエコシステムは、あと1、2年で収束するようなものではなく、5年、10年単位の永続性を持つものかもしれません。
確かにこれには同意します。
実際、なんだかんだ言われつつも長く続いているジャンルもある訳ですし、これからもそういったものも増えることでしょう。
ただ、ボーマスはある意味普通の同人イベントとは異なる性質を持っているが故、モラル的な面でそれなりの問題点もあることは事実としてあります。
それを運営側も判っていながら放置している様に見える部分も垣間見えるので、(同人イベントのノウハウを知っている筈の)運営側もボーマスで同人イベントというものを初めて知った人間が多いと思われる参加者側も節度のある行動を心がける事が、VOCALOIDというジャンルが長く続くかどうかにかかっているのではないかと思います。

コメントを投稿する