オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

「わたしはMacユーザーだ」——「Mac嫌い」コラムニストが告白

»

 「スイッチ」はもはや珍しいことではありません。日本のPCライターもかなりの人たちがMacをメインで使うようになってます。でも、「Macの敵」と言われ続けてきたライター/コラムニストのジョン・ドボラックがMacを使うようになったとしたらこれは事件です。

Me and My Mac(PC Magazine)

 ここ2カ月ほどiMacを使っているドボラックは、Macのユーザーインタフェースのエレガントさ、OSの堅牢性、ウイルスやスパイウェアの心配がいらないことなどが気に入っていると告白しています。自分での個人使用マシンとして移行することはないだろうけど、人には勧められるとドボラック。

 その理由は、PCだと人に勧めた後で、セキュリティの相談をひっきりなしに受けることになるからだそうで。Macだと手離れがいいということでしょうか。

 MacとPCとは大きな違いはなく、大半の人にとってはユーザービリティーが最優先なのだというのが彼の結論。これにはわたしも同意。iPhoneといい、ようやくそのあたりにみなさん気づいてきたようでうれしいですね。

Yes, it's a sad day for the Mac bashers.

という、彼の言葉がちょっと哀しい。

 とはいっても、彼はもともとMacUserに「ドボラックの新世界」という連載コラムを持ってたし(タイトルはわたしがつけた)、戻ってきただけなんだけど。

関連記事:
MacでVista(その2)
追憶のMacworld
CNNでこきおろされるZune

Comment(1)

コメント

himat

MACオーナーは復活するだろうか?(^^)

コメントを投稿する