オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

追憶のMacworld

»

 とうの昔に終わったイベント、休刊となった雑誌、もうやめた会社……そんなMac関係者たちが集まったイベント「Macworld Alumni Club」が、金曜日夜、東京某所にて行われました。くわしくはNobiさんのエントリーをご参照下さい。

 Macworld Japan(雑誌のほう)、MacJapan、MACLIFE、MacUser(笑)と、終わった雑誌の編集者が集まるなんて、なかなかないことで、ノスタルジーにひたりつつ、いま話題の会社、人物について思い出話を咲かせたりもしたのです。

 関係者のみなさま、おつかれさまでした。とても楽しませていただきました。そこで仕入れた面白い話はいくつかあるのですが、書けない話も多く、ほとぼりがさめたころにこそっと出してみようと思います。

 ひとつだけ。PC Magazineのコラムニストであるジョン・ドボラック(彼は今はアンチApple、アンチMacの立場だが、わたしがMac雑誌をやっていたころは、彼のコラムを連載していた)の、「AppleはMacを捨ててWindowsを採用する計画だ」という問題のコラム記事は、少し注意深く読んだほうがいい気がしました。

 この中でドボラックは、AppleはMac OSを捨てて、OSの基盤部分にはWindowsを、インタフェース部分にはMac的なアドオンを使って、「使いやすいファンシーなWindows」と「エレガントなPC」を提供することで、PCにおけるシェアを一気に押し上げることができると主張しているのです。

 しかし、スティーブ・ジョブズという人物は、手駒をいくつも持っていたとしても、温存していたほうがいいと思った場合にはそうしておくだけのプランを持っているのだ、という話が、パーティーの中で出てきました。Windowsの仮想マシン、Windowsアプリケーションの動作というのはひょっとしたら、彼の「10年計画」の中にどこかにあるのかもしれません。

Comment(3)

コメント

Windowsにアドオンを載せてエレガントなインターフェースを提供すると言うのでは、プレーンなWindowsマシンより速度的には不利なんではないかと思うんですが、どうなんでしょうか?
むしろ同等のハードウェア構成でWindowsを走らせるよりMac OS Xを走らせた方がPhotoshopが高速に動作すると言う状況の方がユーザーにとっては好ましいと思うんですが。

「くわしくは...」と言われてもそんなに詳しく書いていません(苦笑)。でも、先日は楽しかったですね。久々にあえて本当によかったです。
 現在、アップルコンフィデンシャルの続編を、私とリンツメイヤーの共著という形で執筆中です。ただ、改めて分析してみると、ジョブズもいろいろある手駒の中から結構、試行錯誤で苦しみながら、着実に最良の答えを導きだそうと奮闘しているというのがわかってきました。
 今度、ぜひMac The Knife Alumniパーティーを開催して(私はそちらはAlumniじゃないけれど)招待してください!

koya

hisakiさん、たしかに速度的には不利ですよね。記事にはどうやってそれを実現するか、という視点が欠けているように思います。でも、アドビがアプリを書かなくなったらどうする? というのはAppleにとって確かにこわい将来でしょう。

Nobiさん、アップルコンフィデンシャルの続編、期待しています。Nobiさんが一所懸命撮影していた歴代の基調講演やキーパースンとのインタビューは非常に貴重なもので、それがひとつにまとめられるだけで、ジョブズの戦略というものが浮き彫りになる気がします。

Mac The Knife Alumniパーティですか。面白いですね。でも、わたしには実行力がないので……。だれか企画してください!

コメントを投稿する