オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

+0.16をあきらめた日

»

 本日のトピックは3つ。Mac OS X v10.4.5は午前中にアップデートされていたのですが、うちの中ではメインマシンがTiger化されていないため、アップデートは見送り。なぜかというと、iToolsをはじめとするサーバソフトが多数動いているため、アップデートすると、そのへんのソフトが再インストールになるからなのです。

追記:Mac OS Xのアップデート「10.4.5」公開によれば、Front Rowの不具合修正があったみたいですね。MacBook Pro出荷に合わせたというところが真相か?

 本格的なTiger化は、次期メインマシンMacBook Proが到着してから、ということになります。で、そのMacBook Pro。本日、メールが届きました。「Intel搭載のMacBook Pro、CPU高速化で出荷開始」です。

--

松尾 公也様からご注文いただいておりますMacBook Pro 1.83GHzモデルは自動的に2.0GHzモデルへアップグレードさせていただきます。もちろん追加料金は一切いただきません。また、2月15日中には Apple Store Webの「ご注文状況」にこのアップグレードされた結果が反映される(製品番号も変更されます)予定となっておりますので、「ご注文状況/購入履歴」から、出荷状況を含めてご確認ください。

最新のMacBook Proに関する情報はをご覧ください。Apple StoreだけのBTOオプションとして追加料金をいただきますが、さらに高速な2.16GHzモデルのご用意もございます。

--

 無料でクロックアップはうれしいのですが、最高スペックにしたはずが、2番目になってしまうくやしさはたしかにあって、2.16GHzにしようとApple Storeに電話。気になる納期を確認すると、1カ月近くかかってしまうということなので、泣く泣く2GHzにしたのです。まあ、1割にも満たない性能差なので、気持ちの問題ですけどね(負け惜しみ)。というわけで、0.16GHzのパフォーマンスアップをあきらめたのでした。

 そして「Intel Macにネイティブ対応したCamino正式版がリリース」。きれいに日本語化がされていて、表示は美しい。神経が行き届いている工夫が随所に見られるところが好感度高いです。例えば、ブックマーク管理のところで、キーワードを付けられるところ。あとはキーワードや更新日などで管理できるスマートフォルダができたらいいんだがなあ。シイラにも期待しております。

Comment(9)

コメント

僕は、1月も納品が先になるとは知らず、ごく自然にTellしてCTOしてしまいました。
注文状況を見て4月中旬以降の納品となっていることを知りましたが後の祭りでした。
早く届いた人のMacBook Proを指をくわえて見ている1ヶ月が悔しいような嬉しいような。

koya

「最速」ですね。うらやましいです。入手後は、おもいっきり自慢してください。「どうせここまで待ったんだから」という考えもアリですよね。

くらはし

昔使っていたPowerMac 8500は、604/120Mhzでした。
0.16Ghz=160Mhz…端数よりも低いクロックで仕事してたんだなぁ。

koya

8500ですか。うちの家庭内ネットにつながっている最も低速なマシンは6100です。今調べたら1994年3月14日生まれ。さすがにG3カードさしてますけど。

くらはし

つい先日までFAX受信用にIIsiを使ってました。ドライブが轟音を発したんですが、これに使えるような小容量のSCSIドライブが手に入らないので休ませてあげました。今でもサーバラックの一等地に鎮座して、私の仕事部屋を睥睨しています。

古いマシンに愛着を覚えてしまうタチなので、こういうマシンがたまる一方です…。

古いマシンを置くスペース、大問題ですよね。
僕は、親戚に古いMacを配り歩いていますが、マシンのサポートを頼まれるのでこれはこれで大変です。

koya

わたしの場合、サポートで一番困るのが、立ち上がらなくなった。ディスクが認識しない、というやつです。FireWireブート可能であればなんとかなるので、サポートするならばFireWireモデルだけにしたいですね。Windowsマシンは論外。もうSCSIの世界には戻れないです。でも、今度はUSBブートかあ。またまた世界が変わってしまいますね。

ひょっとしてintel MacってUSB接続のボリュームからブータブルなんですか?
もし可能なら、バックアップシステムをカーボンコピーするハードディスクケースの選択肢がぐっと増えますね。

コメントを投稿する