オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

ザック、習近平国家主席と中国語で歓談

»

先週は中国国家主席の習近平さんが訪米していました。IT関連では23日にシアトルで開催された米中インターネット産業会議の出席者集合写真が興味深いものになってました。

こういう集合写真の並び順を決める現場って見てみたいです。これは誰が決めたんでしょうねー。中国にとって大事な順なんでしょうね。

最前列の左から、Facebookのマーク・ザッカーバーグ、JD.comのリチャード・リュー、Ciscoのジョン・チェンバース、Alibabaのジャック・マー、IBMのバージニア(ジニー)・ロメッティ、習主席、Microsoftのサティア・ナデラ、中国インターネット政策長官、Appleのティム・クック、Tencentのポニー・マー、Amazonのジェフ・ベゾス、です。いやあ、キラキラすぐる。

MicrosoftはWindows 10のEdgeでBaiduと提携すると発表したばかりだし、Appleは「中国は重要な市場」と何かにつけて公言しています。

両端のFacebookとAmazonは、中国に進出したいけどまだできていない組です。[追記]Amazonは進出済みですよ、とご指摘いただきました。失礼しました。

個人的に気になるのはGoogleから誰も出ていないこと。Wall Street Journalによると、招待されなかったんだそうです。Googleも中国再進出を狙っているみたいですが、難しそうですね。

ザックは以前から中国語を勉強(2010年の目標が「中国語をマスターする」だった)していて、昨年北京でのインタビューに中国語で答えてオオウケでした

pris.jpg

今回の習近平主席の訪米でも、中国語だけで会話したと本人がFacebookの投稿で言ってます。

この姿勢が奏効して来年あたり中国でFacebookが使えるようになるかもしれないですねー。なったとしても中国の競合は手ごわそうですが。

25日の主席を囲むホワイトハウスの晩餐会には妊娠中の愛妻、プリシラさんと一緒に出席したザック。プリシラさんの真っ赤(中国では赤はとっても縁起のいい色)なドレスがまぶしいです。習夫妻と4人で中国語で歓談したんでしょうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する