オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

2011年の1文字は「慮」

»

2年連続、初詣のおみくじで「」を引いているので、自分を表す1文字はこれかなと思ったんですが、それもなんだか景気が悪すぎ(しかし、振り返ってみると昨年の「凶」は当たってるかも。わっはっは)。

なので、自分を表すというより、心掛けたい1文字として「」にしてみます。「りょ」「おもんぱかる」。今まで物事を考えなさすぎでした。「馬鹿の考え休むに似たり」だと思っていたというのもあり、考える暇があったら情報を探そう、みたいな変な焦りがありまして。

いつーもDesireくんからなんらかの情報をインプットし続けるのではなく、せめて帰りの電車の中でくらい考える訓練をしてみようかなと思います。

ところで「凶」の話に戻りますが、初詣は20年以上ずっと浅草寺に行っていて、過去に「大凶」を引いたことも何度かあります。仲間内では浅草寺は凶率が高いんじゃないかという評判が定着してますが、どうなんでしょう。でもこの情け容赦のないところが結構好きなんで、来年も浅草寺でおみくじを引くことになると思います。せめて末吉希望。

Sensouji

Comment(2)

コメント

わたしは初詣などではおみくじ引かないんですけどね
先日 中華屋のテーブルの上にあった占い(ドーム型のものに100円入れて、ガシャポンするやつ)をやったら、末吉でした。
等級(?)はともかく、わたしのことをご存じなのではと思いたくなるような深い内容にへへーっとなりました。

sato

おお。あんな昭和なものがまだテーブルの上にあるんですねぃ。食べたくなくてもなんとなくなぜかピーナッツとかガシャポンした覚えがあります。

コメントを投稿する