オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

「なぜ日本人はiPhoneが嫌いか」騒動

»

 2月27日の朝、Wiredに「Why the Japanese Hate the iPhone」というタイトルのブログをみつけたときは、「えーそれは変じゃないか?」と思いつつ予約の時間に遅れそうだったの後で読むことにして病院へ。で、その後AppleInsiderの「Japanese "hate" for iPhone all a big mistake」を読んで大騒ぎになっていることを知りました。

 Wiredの記事は、筆者のブライアン・チェン氏が、ソフトバンクが2年契約でiPhone 3G 8Gバイト版を実質0円にしたという話を、iPhoneが売れてないからだ、と解釈したところから始まったようです。

 この記事の中でチェン氏は日本人のコメントとして日本のMac、iPhoneの第一人者である(と言っていいですよね)林信行さんと、News2uのCFOの平田大治さんの、2008年6月のWiredの記事でのインタビューの回答を流用しています。それが記事掲載当初は「日本人はiPhoneが嫌い」というテーマの裏づけにしたいあまりなのか、かなり歪曲した表現に変わっていたのでした(平田さんのブログとAppleInsiderに掲載当時の原文が転載されています)。

 平田さんも林さんも、ご自分のブログ(英語)で事のいきさつを紹介しています。おふたりとも感情的にならず、冷静に分かりやすく説明しているのがすっごくかっこいいです。その結果、現在の問題のブログはちょっとぎくしゃくしたものに書き直されました。

 と、ここまで書いて気づけば、林さんの日本語のブログにちゃんと事の顛末が分かりやすくまとまっていました。こちらを読んでいただくのが一番早いかと。また、林さんの英文ブログでの日本のiPhoneが売れていないと言われてしまう理由の説明も分かりやすいです(チェン氏は事前に林さんにメールでコメントを求めていたのですが、この冷静な分析のお返事を待たずに記事を書いてしまったのでした)。

 林さんが問題のブログに気づいたのがTwitter経由だったことも含め、Twitterと個人ブログの威力を改めて認識した澤でした。

関連リンク
2年契約でiPhone 3G 8Gバイト版が実質0円──「iPhone for everybody」キャンペーン

Comment(2)

コメント

謎のとおりすがり

本音言えば、
売れてないというよりも
「興味範囲はあるものの、何かが足りない」または「新iPhone3G出るまでガマン」
といった所でしょうか。

たしかに初期出た時は
・Flash入ってないのでそれを使用した関係のHP(youtube、ニコニコ動画など)見れない
・suicaなどの日本の携帯の機能に付いているfelica機能が無い
・渡来のアプリ機能を使った携帯コンテンツ機能が使えない
・ワンセグテレビ機能が無い
・(料金や契約の関係上)ソフトバンク以外で使いたい
ここらあたりがネックになるんではないかと思われます、
1つ目はyoutubeやニコ動も専用chモードで見れるようになった上、ようやくアドビさんも動くようになったので今後のアップデート次第。
4つ目は専用チューナー発売で問題無いものの、やっぱり内蔵してほしい心境?新型待ち??
5つ目は・・・・・・人それぞれなので大きくは言えないものの、2010年あたりに政府が携帯自由競争化(ぶっちゃげドコモから出た携帯をそのままソフトバンクで使える、またはauに変えるなど機種変更ナシで携帯会社変更すること出来るという制度)できるのでそれ待ちって手もある。
問題は2番目と3番目だが・・・・・・あえて日本で求めるとしたら2番目の機能を早急につけて貰いたい。これだけで売り上げ変わると見てもいいだろう。
特に都心だとそういった機能(電車、バス、コンビニから自動販売機や家のロックまで)が浸透してる(むしろし過ぎてるのが現状。携帯鎖国を作るの原因の一つ?)のでデザインは日本の携帯よりもずっといいのでこういった機能とかをもうちょいちゃんとすれば売れるだろうと思われるが・・・・・・。
(あと個人的意見でiPot nanoとの機能互換とかつけてみるのも面白いかも?nikeのシューズにはめ込んでの健康管理できるヤツなんかは互換できたらかなりイケるんでは?)

そんな騒ぎが起きていることを知りませんでした。

コメントを投稿する