オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

もうすぐエイプリルフール

»

 明後日はエイプリルフール、ということで、ちらほら関連記事(?)が出始めています。AFPの「Ten of the best April Fool's Day hoaxes: US museum」では、これまでのエイプリルフールの嘘ベスト10を挙げています。その中から幾つかピックアップして紹介します。

・1985年、スポーツ雑誌が「時速270キロの速球を投げるルーキーがニューヨークメッツに入団する」と報じる。

・1962年、スウェーデンに1つしかないテレビチャンネル(白黒放送)が、新開発の技術のおかげで、テレビ画面にナイロンストッキングをかぶせるとカラー画像を受信できるようになったと発表。

・1998年、New Mexicans for Science and Reasonというニュースレターが、アラバマ州が円周率を聖なる数「3」に変えることにしたと報道。

・1998年、Burger Kingが「左利き用バーガー」を発表。

・1976年、有名天文学者パトリック・ムーア氏が、冥王星が木星の後ろを通る影響で地球の重力が弱まるとラジオで発表。

 ネタっぽいもの揃いですが、最後のは真に受ける人もいたそうです。さて、今年はどんな嘘が飛び出すのでしょうか。

 以上、去年のお気に入りエイプリルフールネタはデイリーポータルZの編集部引っ越しだった広瀬でした。

関連記事:
あるニュース担当者の嘆き――「私が4月1日を嫌う理由」
私も4月1日が嫌いです

関連リンク
日本インターネットエイプリル・フール協会

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する