オルタナティブ・ブログ > インターネットの第二の波とソーシャルメディアマーケティング >

テレビのデジタル化がドライビングフォースとなり、全ての情報メディアが一旦、収縮する時代の羅針盤

混迷する米国のネット中立化論争

»

 じょ・・上意であるぞ!!・・・FCCにはインターネットを取り締まる権限は無い・・飽くまで通信の為の委員会だ!!(米国最高裁・・・)

Netneutrality270pxgarrett_prettyman

 でも・・・こうすれば・・出来るかも知れないよ・・・@@ 何それ!!??

 <出所:WiKi>

 ほらあああぁ・・・最高裁が・・出来るって言ってるやん・・・はよう、やれよぉぉお・・とオバマさん

400万個のコメント読んでみろ!! ほとんどがネット中立化待望論だよ・・

 

Netneutralityobama1

President Obama's Statement on Keeping the Internet Open and Free

 


YouTube: President Obama's Statement on Keeping the Internet Open and Free

 <出所:ギガオム>

 ネット中立化・・・実力阻止!! グリーン料金払え!! ただ乗り反対!!

通信キャリアの死活問題・・・・グーグルやネットフリックスの勝手を許さない!!

Netneutralityindex

 

Verison001

<出所: WiKi>

 ほら見てよ・・・アマゾン、グーグル、フェイスブック、ツイッターと皆、支持してるよ・・・インターネット産業は米国の未来だ!! ネット中立化絶対堅持 とネットフリックス・・

Netflixreedhastings

 <出所:テッククランチ>

 こまったなあああ・・・どうしよう とFCC委員長のテイム・ウイーラーさん・・

 

Netneutralityusfccsealsvg

 

Netneutralitynextgovmedium300x200

<出所: ギガオム>

米国では11月4日の中間選挙後のオバマ大統領の米国連邦通信委員会(FCC)に対する要望により、所謂「ネット中立化論争」が再燃し、連邦通信行政が混乱しています。

 

■  ネット中立化とは何か?

ネット中立化とは「電話のように誰から誰にコンテンツを送信しても、そのスピードと料金に関して差別されない」と言うコンセプトです。処が通信キャリアにとっては「インターネットにおいては特定サイトからの動画トラフィックなどがコストを圧迫する」とこのコンセプトに反対し、まるでJRのグリーン車のように一部のコンテンツ提供者に対しても特別のコスト負担を要求し、支払った企業に対してだけプライオリティの高い送信順位を提供しています。(映画のネットフリックスはこれを支払わされて、インターネット産業の芽を摘むと文句を述べています)

 

当然、グーグルやアマゾン、映画のネットフリックス、フェイスブック、ツイッター、マイクロソフトなどのコンテンツプロバイダーにとって、ネット中立化の実施は死活問題です。そしてネット中立化の実施を強く求め、手紙で直訴しています。一方通信キャリアの主張も「YouTubeやネットフリックスは通信キャリアにただ乗りして来た」「彼らはグリーン車並みの特別料金を支払うべきだ」とこれまた死活問題を訴えています。米国民主党はネット中立化支持、一方共和党は規制反対=ネット中立化反対、グリーン車料金支持と言った処です。

 

 ブロードバンドなどで稼ぐ通信キャリアの経営の屋台骨を揺るがし、同時に一部インターネット企業の経営にとっても死活問題です。

 

■  米国連邦通信委員会(FCC)はインターネットを取り締まれない

米国連邦通信委員会(FCC)はネット中立化を推し進めましたが、通信キャリアとの裁判では、最高裁が「米国連邦通信委員会(FCC)にはインターネットを取り締まる権限が無い」と実質的に通信キャリアによるネット中立化阻止運動を容認しました。

 

 

■  あまりにややこしい、まるで複雑系のエコシステム

話がややこしいのは、米国連邦通信委員会(FCC)は独立した行政機関(アメリカ合衆国政府の独立機関(Independent agencies of the United States government)であり、即、オバマ大統領の言う事に無条件で従がう立場ではありません。(一定程度、日銀と日本政府の関係に近い)

 

また最高裁は「Telecommunications Actのタイトル2に基づく適切なネット中立化対策を考えるのであれば、FCCによるインターネットの規制は可能」と述べている点です。オバマさんはこの最高裁の判断に基づいて米国連邦通信委員会(FCC)にネット中立化の実現を実施しろと言っている訳です。(訳判らないですよね)

それに対して共和党はネット中立化反対、通信キャリアのAT&Tとベライゾンはネット中立化反対の為、場合によっては訴訟を再開する姿勢を表明し、一方オバマ政権に献金しているとされるCATVトップのコムキャストは、ネット中立化政策を理解すると述べています。

 

■  結局、グリーン車料金容認で決着するのか?

最高裁判決でネット中立化が退けられた後、米国連邦通信委員会(FCC)の委員長に就任したテイム・ウイーラーさんは、一定のサービス差別(上記のグリーン車料金徴収)を合理的な基準で認めることで決着したいと思っているようです。最高裁判決の後、三百七十万個のコメントが付いた国民的大議論ですが、結局玉虫色の決着で終わるのでしょうか?

★★From Ted Cruz to Tim Wu: What the web is saying about Obama’s net neutrality plan

★★Net Neutrality: President Obama's Plan for a Free and Open Internet

★★ The biggest danger to net neutrality is now political, not legal

★★The FCC Fires Back At the President’s Net Neutrality Plan

★★The President’s Net Neutrality Proposal Draws Opprobrium, Praise And Threats Of Legal Action

Comment(1)

コメント

Hatanaka

Maa Shikatanaine korebakkariha.

コメントを投稿する