オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

僕が New York Times を選挙速報確認サイトに選んだ理由

»

そう、今日は次の米大統領が決まる日です。4年に1度の機会ですから、ブログでも関連ネタを書きたい……ということで、ごく些細な話なのですがこんなネタを:

Presidential Big Board - Election Results 2008 (New York Times)

僕はこのページで選挙速報を追うことにしたのですが、理由は簡単。New York Times の予測だけでなく、他のメディアによる情報も掲載しているからです。例えば以下は、現時点での New York Times による開票速報:

big_board_1

この画面の中央付近に、プルダウンメニューがあるのが分かるでしょうか。ここで情報のソースを切り替えられるようになっていて、例えば FOX ニュースを選ぶと:

big_board_2

ご覧の通り、両者の得票数(正確には「獲得した選挙人数」)が変化しますね。ソースはこの2社に加え、AP通信、CBSなど7社から選べるようになっています。他のサイトに行かなくても選挙速報を比較できるので、なかなか便利。

ついでにNYTのサイトには、以下のような地図モードも用意されています:

big_board_3

こちらのソースはNYTしか選べないのですが、便利なことに、1992年以降の大統領選の結果(どの州を民主党/共和党のどちらが獲得したか)を確認することができます。例えば以下は、大問題となった2000年の大統領選の結果:

big_board_4

以前から New York Times のサイトは、このようなインタラクティブ性・視覚性に優れたページをアップしてくれていましたが、今回の選挙でもその力が遺憾なく発揮されています。あまり「選挙を面白く」という表現を使ってはいけないのかもしれませんが、日本のメディアも、こんな「選挙を面白くする工夫」をしてくれてもいいのにね。

【関連記事】

背が高い方/太っている方が大統領選では有利?
New York Times の民主党ディベート特集がスゴイ件

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する