オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

10年間、泥のように働いて欲しいなら

»

遅ればせながら。IT系のネット界隈(?)で話題となっている、例の一言についてコメントを:

「10年は泥のように働け」「無理です」――今年も学生と経営者が討論 (@IT)

西垣氏は伊藤忠商事の取締役会長丹羽宇一郎氏の「入社して最初の10年は泥のように働いてもらい、次の10年は徹底的に勉強してもらう」という言葉を引用し、「仕事をするときには時間軸を考えてほしい。プログラマからエンジニア、プロジェクトマネージャになっていく中で、仕事というのは少しずつ見えてくるものだ」と説明。これを受けて、田口氏が学生に「10年は泥のように働けます、という人は」と挙手を求めたところ、手を挙げた学生は1人もいなかった。

タイトルにもなっているこの一言。当然ながら、激しい反論を巻き起こしています。

個人的には、時には「常識的な範囲内で」身を粉にして働くのも良いかと思います。朝から晩まで、それこそ深夜まで仕事に打ち込む経験なんて、家族ができたらできないことですからね。しかし条件が1つだけあります。どうか、「ここで努力したらこうなれるかもしれない」というロールモデルを示して下さい。

別に仕事を手取り足取り教えてくれ、という意味ではありません。いくら社会経験がないからといって、そこまで受け身な学生は少数派でしょう。そうではなく、「頑張った結果、こんな素晴らしいもの手にしている人がいる」という姿を見せて欲しいのです。いや、何かを手にしていなくても「この方向に進めばこんな良いことがある」という理想でも良いでしょう。記事中で「自らポジティブなビジョンを提示する人の方がいい」と発言した学生さんがいたことが紹介されていますが、僕もそれに同感です。

いまやネットがビジョンを与えてくれる存在となりました。ウェブサイトを開けば、アルファギークと称されて賞賛を浴びる人、ベンチャーを立ち上げて勝負の日々を送っている人、あるいは失敗しながらも貴重な教訓を手にした人など、お手本となる人々を毎日のように目にすることができます(メディアと言えば新聞かテレビだった時代に、政治/スポーツ/芸能以外の分野で個人がここまで取り上げられることは希だったでしょう)。彼らを見て、何の憧れやあせりも抱かずに、十年間何も言わずに働けと言う方が無理な話です。しかも年功序列、一度就職すれば定年まで安泰――などという時代は終わりました。将来の不安を相殺するようなビジョンを提示すること、それが経営者に課せられた使命の1つだと思います。

なんだか三流ビジネス書のような陳腐な表現になりましたが、別に全ての経営者がスティーブ・ジョブスになれと言っているわけではありません。自らその業界に身を置き続けているのには、何かしら夢や希望があるからでしょう。それを自分の言葉で社員に、そして外の世界に語りかける努力をすれば良いのだと思います。できればその言葉が、ネットで示されるビジョンを上回るのが理想ですが……とりあえず「こっちだって忙しい、そっちから聞きに来い」という姿勢のままでは、「3年で辞める若者」を責める資格は無いのではないでしょうか。

Comment(5)

コメント

WindKnight

激しく同意。トップと言われる人が夢や希望を語れない業界に人が集まるとは思えません。ただでさえ、働き手にとって良い話が少ないのに、その現状を追認してどうするのでしょうか。他に気になったのは、コンピューターサイエンスに関する認識ですね。怠惰/短気/傲慢を最大の動機にする学問は彼らには不要に思えます。

unusualdays

この件に関して,私がぼんやりと考えていたことをきちんとまとめてくれたような,そんなブログのエントリに会った気がいたします.
年功序列というのは,若いときにせっせと働いて会社への貢献で”貯金”したものを,年を経るにつれて”貯金を切り崩していく”制度であると考えております.
しかし,今の世の中,いつ首を切られるか分からない社会.若い時頑張ってその”会社”に貢献して,その”会社”でしか通用しないことを身につけたとする.しかし,やっと”貯金を切り崩していく”年代になったら首を切られてしまい,違う会社に再就職しようと思っても,違う”会社”だから使ってもらえない,という状況になりかねません.
そんな状況を煽るような台詞だからこそ,こんなにネットを騒がしてしまっているのでしょう.
ただし,これは経営者の言葉の一部を切り出しただけの物です.一方的にこの言葉だけを切り出して,それに反応してしまう,我々ももう少し考えるべきなのかもしれませんね.

アキヒト

> WindKnight さん

コメントありがとうございます。仰る通り、業界のイメージがほとんど最悪といっていい今だからこそ、トップには夢や希望(悪い意味ではなく)を語って欲しかったと思います。ただこの記事は抜粋なので、その場で別の話も出ていたかもしれませんが、この一言が余計な波紋を呼んでしまったかな……と感じています。

> unusualdays さん

コメントありがとうございます。確かに年功序列は「後から取り返す」制度であって、この不安定な時代にはそぐわないものなのでしょうね。「10年働いて、クビを切られたらどうすんだ!」という(至極当然の)反応も多かったですし。

> ただし,これは経営者の言葉の一部を切り出しただけの物です.一方的にこの言葉だけを切り出して,それに反応してしまう,我々ももう少し考えるべきなのかもしれませんね.

はい、その後でてきた記事を読んで、少し過剰反応だったかなと感じています。言い放っておいて勝手なのですが、この反応が建設的な議論へと向かうことを期待します。

ふくちゃん

もし僕が「10年泥」が嫌だと思う学生なら
従業員が数名しかいない企業に入ります。

数名ならイヤでも意見を聞くだろうし
優れた意見ならすぐに通るだろうし
決裁が通れば個人では買えない物だって買えるでしょう。
変に欲張らず技術とそれなりのコネクションがあれば
十分に食っていけるはずです。

逆に従業員が数万名いる企業には入りません。
そんな企業が「入社したてのペーペーの意見」を
聞くはずがないんですよ。

アキヒト

ふくちゃんさん、コメントありがとうございます。

> 逆に従業員が数万名いる企業には入りません。
そんな企業が「入社したてのペーペーの意見」を
聞くはずがないんですよ。

確かに従業員数と「個人の意見がどこまで反映されるか」は反比例してしまうのが普通ですよね。しかし様々な工夫によって、個人の権限と組織力を両立している巨大企業もありますし、逆にワンマン社長が社内を牛耳っている中小企業もあります。組織の規模と個人のやりがいは、必ずしも連動してはいないのではないでしょうか。

コメントを投稿する