オルタナティブ・ブログ > ソーシャルアパートメントの日常 >

21世紀の新しい居住スタイル「ソーシャルアパートメント」での日常を紹介していきます。また20代で不動産ベンチャーを経営していく上での様々な考えや実務について触れていきます。

ソーシャルアパートメントに住むとFacebookの友達が1年間で100人増える。

»
Facebook、日本でも一般的に聞かれるようになってきましたね。

Facebookはアメリカ発のSNSであり、実名登録が基本で、意図せずに勝手に自分の写っている写真がタグ付けされてしまうなど、プライバシーの過剰保護でぬくぬく育った日本人にとってはなかなか受け入れがたい側面もありますが、使ってみると案外面白いものです。

ただやはり、現実的には外国人の友達がある程度いないとあまり面白さを感じないプラットフォームかもしれません。

twitterが100人くらいフォローしてTLが数秒でどんどん動いていくようになってからようやく楽しさが分かってくると言われていますが、Facebookは外国人の友達が最低でも2-30人程度はいないと面白さは感じないでしょう。おそらくmixiと同じ友人ばかりだと大してアクティブじゃなく面白みを感じません。

しかし、そんなに外国人の友達いないし・・

と、そんな方にはソーシャルアパートメントがおすすめですw

ソーシャルアパートメントに入居すると簡単にFacebookの友達が1年間で100人増えます。

ソーシャルアパートメントの住人の2割は外国人です。
そしてその外国人のうち80%はFacebookをやっています。
さらに残りの日本人の4割はFacebookをやっています。

たとえば50戸のソーシャルアパートメントに住んだとします。
そうすると、8人の外国人と16人の日本人がFacebookをやっていることになります。

すでにこれだけで24人の友達が増えます。

そして1年住めば入居者の入れ替わりもあるので、さらに増えます。
特に外国人は平均入居期間が半年程度と比較的入れ替わりが早いので、1年住めば2倍の16人の友達が増えます。

さらに外国人は友人を招いてのホームパーティーが大好きなので、いちいち外に出かけなくても勝手に外国人の友達は増えていきます

さらに、年に数回、ソーシャルアパートメント物件間の交流イベントやバスツアーなどもあるので、またそこでも広がります。

このようにしていくと、1年間、普通に生活しているだけで外国人の友達20人以上含めて100人の友達をFacebookで増やすことが可能です。

ちなみに、私は2011年1月現在で225人の友達がいますが、半数程度は入居者さんのつながりだと思います。

すごいオープンなSNSですし、結構いじられたりしますがorz、慣れるとほんとに楽しめます。
是非オープンな友達を増やして楽しんでみてください。

※友達申請welcomeです!
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する