オルタナティブ・ブログ > ソーシャルアパートメントの日常 >

21世紀の新しい居住スタイル「ソーシャルアパートメント」での日常を紹介していきます。また20代で不動産ベンチャーを経営していく上での様々な考えや実務について触れていきます。

人が集まる空間のデザイン

»

ソーシャルアパートメントにとって必要不可欠なのが人が集まる空間である共用ラウンジです。ここで入居者同士が日常的にコミュニケーションしたり、友人を呼んでパーティーをしたり、それぞれのライフスタイルが交わる非常に大事な空間です。

今回は、実際に稼動しているソーシャルアパートメントの共用ラウンジをピックアップして、それぞれのデザインの方針を写真付でご紹介していきます。

 

まずは恵比寿のラウンジ。

恵比寿ラウンジ

ここは、以前1階と地下1階が歯科医院として、2階以上がマンションとして使われていました。本建物は地下1階の診療室を全て取り壊して、地下の共用ラウンジとしました。地下にあると、多少の音を出しても近所迷惑にならずパーティースペースとしても適しています。

 

そして、こちらが草加市の松原団地にある物件のラウンジです。

松原ラウンジ

恵比寿とはテイストが違い、比較的年齢も若い人が集まる事が想定されたため、インパクトのあるカラーとインテリアアイテムを用いています。


こちらは横浜市青葉区の江田にある物件です。

江田ラウンジ

こちらは環境の良い住宅街の高台に位置しているため、木材を活用して大人しいデザインにしています。

 

そして、こちらが新川崎のラウンジ。

新川崎ラウンジ

ここは19戸と小規模なマンションのため、ソーシャルというよりはよりシェアハウスに近いため、ラウンジよりもリビングというイメージにして、アットホームなコミュニケーションが取れるデザインにしています。

 

以上ご紹介してきましたが、基本的に共用ラウンジをデザインする際は、ロケーションと規模を中心に考えて、そこで生まれるコミュニティをイメージしながら大枠のコンセプト及びスペックを決めて、デザイナーさんに具体的なハードのデザインに落とし込んでもらいます。

物件の数だけ色の異なるコミュニティが存在します。その様々なコミュニティに合ったソフトのデザインを考えるのが私たちの仕事であり、ここは業界でも新しい分野と言えます。

次回からはソーシャルアパートメントで起こる日常をご紹介していきたいと思います。

Comment(4)

コメント

jun

BRUTUSの記事 拝見しました。

ソーシャルアパートメントという言葉を初めて聞いたのは
4年ほど前ですが、最近よく目にします。

どの物件もとても素敵です。

驚きました。

山崎

ありがとうございます。
4年前からご存知なんてかなりレアですね笑

これからも社会が豊かになるライフスタイルを提案していくので、応援宜しくお願いします。

jun

ご返信ありがとうございます。

twitterも拝見してます。
何だか、感慨深いものがあります。

お忙しいみたいですが、これからも頑張ってください。

表参道の菜園、すこぶる素敵です。
今後の成長レポート楽しみにしています。

米国に留学していたとき大学の寮に入っていました。共有ラウンジには、ピアノがあり、屋上にはサンデッキがあり。サウナ室もありました。もう、30年以上の前の話です。

ソーシャルアパートメントは、米国の大学の寮を社会人に広げたような感じですね。

そんな住み方がオプションとして日本に登場してきたのは人と人とをつなげる良いきっかけを作るチャンスがありますね。

ただ、

リスクなのは、窃盗問題。寮長みたいな人が必要になるかも。

コメントを投稿する