決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

「Kindle iPhone アプリ」が現実に?

»

昨日冗談のつもりで書いて、松尾さんにも反応していただいた「Kindle iPhone アプリ」(Kindle 対応電子ブックを iPhone 上で閲覧可能にするようなアプリ)ですが、冗談ではなくなる可能性があるようです:

Amazon Announcing Kindle iPhone App Monday? (AMZN, AAPL) (Silicon Alley Insider)

週明けの月曜日、Amazon の電子ブックリーダー"Kindle"の第2世代が発表される見込みなのですが、「他の端末」向けに Kindle ストアをオープンする可能性もあるのでは……という話。というのも、New York Times に掲載された"Google and Amazon to Put More Books on Cellphones"という記事の中で、Amazon の広報担当がこんな発言をしています:

“We are excited to make Kindle books available on a range of mobile phones,” said Drew Herdener, a spokesman for Amazon. “We are working on that now.”

「Kindle フォーマットの電子ブックを、様々な携帯電話の上で利用できるようにするというのは楽しい話です」Amazon の広報担当、Drew Herdener はこのように述べた。「私たちは現在、それに取り組んでいるところです。」

というわけで、来週月曜には発表されなくても、近いうちに何らかの動きが明らかになるのでは?という話になっているわけですね。「様々な携帯電話」という表現ですから、iPhone だけでなく、当然 Android ケータイなども視野に入れているのでしょう。ただ Silicon Alley Insider の記事の後半でも指摘されているように、アプリおよびそれを通じて販売されるコンテンツへの課金をどうするか(そして Apple や各キャリアとの利益配分をどうするか)という話は今後クリアされる必要がありますが。

Kindle 電子ブックが様々なデバイスで読めるようになったらどうなるか?その理想像は、これまた Silicon Alley Insider が端的にまとめてくれています:

What would be ideal? A Kindle store that worked across multiple devices. So you can start a book on your Kindle, continue it on your iPhone, and even finish it on a computer via a Web browser.

究極の姿はどうなるのか?Kindle ストアが様々なデバイスから利用できるようになる。(端末としての)Kindle で本を読み始め、続きを iPhone で読み、コンピュータのウェブブラウザ上で読み終えるようになるだろう。

ここまで実現するのには流石に時間がかかると思いますが、なかなか理想的ですね。ネットにつながる端末さえあれば、購入した電子ブックをどこでも読める。そうなれば、電子ブックの普及にもさらに弾みがつくと思います。

さらに個人的には、iPhone 上でテキストコンテンツを売るためのプラットフォームにまで成長して欲しいなぁ、という思いを抱いています。現状でも自作の電子ブック(PDFフォーマット等)を売るためのウェブサービスがありますが、Amazon ストアに出品できて(あらゆるテキストファイルをアップロードするだけで自動的に Kindle フォーマットにしてくれる、というのであればなお可)、さらに iPhone を通じて購入されるようになれば市場は一気に拡大するでしょう。いずれにせよ Amazon + iPhone/スマートフォンという動き、今後も要注目ですね。

< 追記 >

いよいよ Kindle 2 が発表になりました。発表会で「Kindle iPhone アプリ」のアナウンスはあったのでしょうか:

Kindle が実現する「本のロケーションフリー」

Comment(4)

コメント

石松

はじめまして、石松と申します。
アメリカに住んでます。
このiPhone上のKindleは私の中ではありえません。
あの小さなスクリーン上で【本】を読む気にはなれません。
それが日本語だったら特に。
一分もせずにページをめくるなんかしたくもありません。
新聞とか雑誌に載っている連載小説とか携帯小説みたいな一回が短いのなら我慢できますが
私は【本】は携帯では読まないでしょう。
乱暴な事を言ったら、そういった短い文ならアプリにする必要も無くサイトを立ち上げればいいだけだし。

iPhoneは初代が出たときすぐに買いました。
そのバッテリーも以前よりすぐなくなります。
バッテリー交換も出来ない物で本を何分何十分も私は読みたくないです。

Kindleも持ってましたし、初めのうちは【本】安いから買ってましたが、どうしても馴染まなかったです。
使いやすかったし思っていたより軽かったし、気に入ってましたがもう使ってません。
(それに簡単に本が買えるのもかみさんの怒りをかったから…)
結論は私には本は紙が合っていると。
ただ単に新物好きだけど、根は古いタイプの人間なのでしょう。

それよりPC上のKindleのほうが現実的だと思います。
それかPC上でのKindleから本の一部だけをiPhoneにダウンロード出来ればやっても良いかも。
iTunesとiPhone/iPodの関係です。

それよりiPhoneではオーディオブックの方が良いです。
と、思います。

石松さん、コメントありがとうございます。

僕も個人的に、ですが、文字を読む場合「普通の紙」に勝るメディアはないと思っています。目が疲れないし、好きな箇所に自由に付箋を貼ったり、ペンで印を付けたり。「ここ重要だから読んでみて」と、他人に見せるのも簡単です。こうした利点をすべて兼ね備えるデジタルメディアはしばらく登場しないでしょう。

しかし石松さんもご認識されていると思いますが、PCや携帯端末で文字を読むのを厭わない、むしろその方が手軽で良いと考える人々も登場してきています。例えば話題になった「ケータイ小説」なんて現象も、それを示していますよね。またテキストではないですが、ケータイで動画を見るというのも定着してきていますし、あんな小さい画面で文字や動画を楽しむ人はいないだろう、という先入観は覆されつつあります。

従って、僕のように「やっぱり文字は紙で!」という一番古いタイプの人々から、「ケータイで小説もいーじゃん」という最先端の人々まで、それぞれの層に合わせたメディアが生き残っていくのではないかと思います。また石松さんもご指摘されているように、オーディオブックなど、それぞれのメディアの特性に合わせたコンテンツが発達していくのではないでしょうか。

石松

小林様、
全く私も小林様に同意見です。
私のは全くの個人の意見です。

ただ一つだけiPhoneについてほとんどの人が知らない事実があるのです。
私もつい最近まで知らなかったことです。
実は「あれ」、電話だったのです。
みんな知らない間に高い電話代払っているのです。

冗談は置いといて、多くの人が【クラウド】とか【シン】とか言ってますが、企業の本音はまだまだ【ファット・シック】なんだと。
金になりますからね。
そのアプリ買えばそのためにある程度、金つぎ込みますからね。
例えそのハード・ソフトがただでも。

たぶんアメリカではそのうちiPhoneもG1もただになるでしょう。
アメリカの携帯の基本、携帯自身はただですから。
一世代前のBlackBerryとかも二年契約でただになりますから。
昔はPCでさえインターネットの二年契約でただになりました。

企業・利益うんぬんに関わらずKindle in PC/携帯 等素晴らしいサービス・ソフトが出てくるのを期待してます。

しかし私は紙が好きです。
私は「一番古いタイプ」と言うより、化石です!

石松さん、ご返答ありがとうございます。
え、「あれ」って電話だったのですか!!

……という冗談はさておき、本体よりも載せるアプリの方が注目されていくというのは仰る通りだと思います。「最近の iPhone のCM、本体じゃないくてアプリの宣伝をしてばかり」などという指摘もありますし。ほんと、今後も素晴らしいアプリ/サービスが出てくるのを期待したいですね。

コメントを投稿する