オルタナティブ・ブログ > 祐川京子のブログ >

ユカワキョウコの徒然日記

『RUN-流浪のストライカー、福田健二の闘い』

»

こんばんは

ポーケンが届いて
けっこう嬉しい
祐川京子です。
022_2
・・・まだ開封していませんが(^^;


さて、友人が大絶賛していた本
RUN-流浪のストライカー、福田健二の闘い
を読んでみました。

Run_2 
プロサッカー選手 福田健二氏の半生を描いた
スポーツノンフィクションライター 小宮良之氏の著作。

じっくり読もうかなと思いつつ
サッカーの試合観戦をしているようなスピード感で
一気に読了。。。

サッカーには全然詳しくないのですが
本著は、自分自身の人生観に照らし合わせながら
感慨深く読むことができました。

福田選手の家族についても描かれているので
私は同性である奥様の澄代夫人に感情移入・・・
「私だったら、こんなとき、何て言うかしら」と自問自答しながら
物語に浸りました。

プロアスリートの妻って
戦国武将の妻みたいですよね。

・・・肝が据わった女性は素敵だわ!と、じわじわ感動。

そしてこの本
最後にもう一つ感動したのは、表紙。

カバーデザインにあるボールの跡(だと思うのですけど)が
ハードカバーにもデザインされていました。

019
きっと、編集チームが細部にわたり
すっごく愛情を込めて生まれた作品なんですね(^^)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する