オルタナティブ・ブログ > 祐川京子のブログ >

ユカワキョウコの徒然日記

年末年始の読書

»

こんばんは
今年は年賀状を2,000通発送した
祐川京子です。

今頃ですが
あけましておめでとうございます。

ブログの更新が滞り、申し訳ございませんでした。

物に取り付かれたように動き回っていて
エイリアンでも産んでしまいそうな今日この頃。

鍼灸マッサージと水を沢山飲むことで
体調管理にも注力していますので
元気でございます。

今年も目一杯がんばります♪

さて、年末年始に読んだ本をいくつかご紹介します。


読書について 他二篇 (岩波文庫)
岩波文庫・・・人生において、何冊目?
難しいので、めったに読まない本です(苦笑)
しかし、岩波文庫を手にしているだけで
「私は高尚な読書をしています!」という気分になれます。

『読書について』は山見博康さんよりオススメいただきました。
執筆活動する者の必読書ということでしたが
確かに、示唆に富み、開眼させられる一書。



私はどうして販売外交に成功したか (Life & business series)
じつは現在、営業ハウツー本を執筆中なんです。
昨年、岡村勝弘さんにそれをお伝えしたら
「書き上げる前に、必ずこれを読みなさい」とアドバイスいただいたのが
『私はどうして販売外交に成功したか』

内容はもちろんですが、一番驚いたことは
1982年に発刊しているにもかかわらず
いまだに書店で平積みされているという
営業ハウツー本の雄!
こんな本にしたいです(^^)



働く意味―ホームレスだった社長が伝えたい
兼元社長の最新刊!
偶然にも、私の最新刊『夢は宣言すると叶う』と
奥付日(07年12月10日)と
装丁の雰囲気(カバーが白、帯が黒)が一緒でした。

兼元社長曰く、大和書房の担当編集者が熱心で優秀だったので
とても善い本に仕上がったとのこと。
拝読して、確かに納得しました。
すんごく素晴らしい本。
目頭が熱くなる内容です。
うちのボスが「読む意味のある本だ」と絶賛していました。



仮想世界で暮らす法
ベンチャーキャピタリストとして、
私はこういう本をしっかり読まなきゃ!という一書ですね(^^)
内山幸樹さんの解説、とてもわかりやすいので助かります。
内山さんは難しいことを平易に伝える天才です。

内山さんと私は
06年に処女作、07年に二作目を出版というタイミングが重なっています。
今年も執筆、がんばりましょう!



雨がふってもよろこぼう!
~人生が良い方向に向かう!心を鍛える25の習慣~

著者会でお世話になっている嶋津良智さんからご恵贈いただきました。
感激です!
この本、めちゃめちゃ売れていますね。
カバーデザインが凝っているところからも、
気合を感じました!
サブタイトル「心を鍛える25の習慣」と
コンテンツを読むだけでも勉強になります。
成功する人は、奇をてらうウルトラCを持っているのではなく
日頃のちょっとした心掛けが違うだけなんですよね。



ほめ言葉の魔法力
08年1月発刊の本著は
『ほめ言葉ハンドブック』と同じPHP研究所から出版。
昨秋、著者の臼井由妃先生よりお声掛けいただき、初めてお会いしました。
その際に、「『ほめ言葉ハンドブック』の初版を購入し、
本がボロボロになるまで読み込みました」とうかがい感激しました。
そんなところに、PHP文庫より本著の企画が持ち込まれたそうです。
不思議なご縁です。
その時の模様は藤沢あゆみ先生のブログをご参照くださいませ

また、土井英司さんのメルマガでは
『ほめ言葉ハンドブック』も合わせて紹介していただきました。
ちなみに、本著で私の一番お気に入りコンテンツは
「ほめマップ」です。
ぜひチェックしてみてください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する