オルタナティブ・ブログ > 日々是相場 -ブログ- >

長年相場を見続けてきた現役の情報部長が相場について語ります。

為替の動きは期待されたほどではないが・・・。

»
 先週末の米国市場は堅調となったのですが、円高を嫌気する動きから寄り付きの売り買いが一巡となったあとは軟調となりました。それでも、為替が一気に円安に振れる場面もあり、先物にもまとまった買いも見られ一時大幅高となるなど、腰の据わった売りも見られませんでした。本日から開催されている日銀の金融政策決定会合で追加金融緩和が期待されることや、為替の介入も期待されることから、売り叩き難い一方で、逆に追加金融緩和の効果が疑問視されたり、為替の介入が見られないといった失望も懸念されて買い上がれず、相変わらず目先筋中心の方向感のない展開となりました。

 今回の日銀金融政策決定会合ほど注目されたケースは珍しいと思いますが、そうした時に限り市場参加者をじらすかのようになかなか発表がありませんでした。米国のFOMC(公開市場委員会)やそれを受けての米国株式動向は話題になることが多いのですが、日本では経済指標の発表への反応が鈍いことも多く、それほど注目されないことも多いのですが、今回はかなり注目されていたものと思います。

 為替政策も絡めて追加緩和、それも出来れば目新しい緩和策も期待され、皆が固唾をのんで発表を見守る中での発表となりましたが、市場で好感されるような内容となったものと思います。為替の反応は鈍かったのですが、株式市場では追加緩和を素直に好感し、先物にもまとまった買いが入ったということなのでしょう。案外期待外れに終わりことが多いのですが、期待通り、中には想定以上という向きもありますが、とりあえずは安心ということでしょう。

 米国でも今週は決算発表が始まることに加え、雇用指標の発表も多く、金融緩和期待が強いことで為替も動き難いものと思います。後は日本が円安政策を取れるのかどうか、経済対策が期待されるものが見られるのかどうかが注目されます。市場でも日銀の政策を見て安心感も出てきたものと思われ、後は政策次第ということなのでしょうが、総悲観という状況から少しは楽観的な見方も出てくるのではないかと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する