オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

人気コラムニスト古庄親方のWebアプリ開発コラム"「モックアップ」の重要性と注意点"

»

私が編集支援している人気コラムニスト古庄親方によるコラム「実務としてのWebアプリケーション開発」の最新号が鈴与シンワートで公開されました。興味がある方はご覧ください。
--
Webアプリケーションを作るうえで「実際にどんな画面遷移になるか? 画面はどんなデザインになって、各画面にはどんな要素があるのか?」の確認は、手法がなんであれ「確認自体は必須」になると思います。
そういった時に、一つには「(主にExcel等で)画面遷移図を作成する」というのがあるのですが。
画面遷移図は、サイトの規模によっては割と大きくなる事もあります(筆者は、最大で「A2」サイズ相当の画面遷移図を拝見した事があります)。
「一目で全体を把握する」には適しているかもしれないのですが、「個々の遷移を見る」等には、些か厳しい側面も少なからずあります。
そういった時に「ブラウザで実際の遷移を(ある程度)確認できるモックアップ」を作る、というのは、比較的あちこちの現場で拝見をするのですが。
一方で「とても便利」なモックアップも、もう一方で「少し注意点」もあるため、「便利なポイント」「注意点」を、少し確認していきたいと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/webapp02/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する