オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

海外AI動向コラム「電子テキスタイルのマイクロインタラクション ~螺旋状のジェスチャーと光~」

»

私が編集支援している野田貴子の海外AI動向コラム「電子テキスタイルのマイクロインタラクション ~螺旋状のジェスチャーと光~」が鈴与シンワートで公開されました。興味がある方はご覧ください。
--
こんにちは。野田貴子です。今回から海外のWeb関連のAIニュースを意訳して紹介していきます。興味がある方はご覧ください。

見た目や快適さ、人間工学の点が改善されれば、テキスタイルは、日常の環境や物に技術を溶け込ませることに役立つ可能性があります。たとえば消費者用の機器としては、スマートスピーカーを布で覆ったり、ヘッドフォンコードを編み込むなどして、テキスタイルを利用し始めています。また、素材や柔軟性の高いエレクトロニクスが進歩したことで、ジャケットやドレス、毛布などの柔らかい素材にセンサーやディスプレイを組み込むことができるようになりました。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/ai02/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する