オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

2020年中禅寺湖第三戦レイクトラウト67㎝ 今日もいい結果に恵まれました

»

S__4005894.jpg

今日も4時出船の朝だけチョイ釣り。気温18度、曇りと小雨交じり。出船の時だけ、少し晴れたが、そのあとずっと小雨。

それにしても中禅寺湖はいつも神秘的だ。こんなに美しい湖の近くに別荘を買って本当によかった。私は生涯ここをホームグラウンドにして釣り続けるだろう。当面の目標はレイクトラウト90㎝だ。現在、80㎝超えはできている。90㎝超えはなかなか難しい。難しいと言っても大物もえさを食べるので、釣り方はあるはず。なんて思っていたら、100m先でどう見ても1mをゆうに超えるレイクトラウトが跳ねる。どっばーん!という大迫力だ。こんなの見てしまったら、一生かかってもメーターオーバーを釣りたくなる。

以前、メーターオーバーを狙っている人の話を聞いたことがある。その人は結局釣り上げたのだが、1日魚探で湖をスクリーニングして、大物のレイクトラウトがいる場所を特定して、見事釣りあげたそうだ。

戦略的で緻密だ。それはすごいけど私らしくないので、もっと緩く魚の気持ちになって追いかけてみようと思っている。

推測はこうだ。メーターオーバーのレイクトラウトは、すでに大きく老魚なので、泳ぎに俊敏さはないはず。しかし、自分が食べようとしたら大きさゆえにほかの魚は譲るはず。すでに成長も緩やかなので、新陳代謝も良くないはずだ。つまりえさの量はそれほど多くなくてよいはずだ。捕食スタイルは落ちてくる餌を待つスタイルだと思う。

以上のことから、湖の水深が深くて、えさが落ちてきやすい駆け上がりの深層部にいると読んでいる。そもそも中禅寺湖でそんな深場を狙う釣り人も今まではいなかったはずだ。それゆえに大きくもなっているはずだ。

事実、深層部で魚探にはたまにすごいのが通るのがわかる。

釣り方は、死んだ魚が落ちていくのを演出し、そのフォールのあたりを深層部でとれる釣り方が必要なはずだ。

いっそのこと、同付き仕掛けでワカサギを餌にして釣れば釣れるだろうが、中禅寺湖はエサ釣り禁止なのだ。まぁ同付き仕掛けにルアーをつけて、上下させても釣れるような気もするが、やはり正攻法で釣りたい。

ということで、今日も真木ルアーでチャレンジ。沖目はネガカリがないので、高価なルアーでも安心だ。

今日は朝の4時間で67㎝のレイクトラウト一匹で終わる。

かなり引いたので今日も楽しめた。

真木ルアーに変えて、釣れなかったことがほとんどない。真木ルアーに変えてよかった。中禅寺湖の深層部では赤金の真木ルアーが一番良い。どんな天候でも釣れるのだ。

ということで真木ルアー赤金を10本オーダーしてしまった。

真木先生、引き続き宜しくお願いいたします!!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する