オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

ゼロから歩くPythonの道 > 第7回 print関数で遊んでみた。

»

私が編集支援しているCTC教育サービスのコラム「ゼロから歩くPythonの道 > 第7回 print関数で遊んでみた。」が公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###

こんにちは、吉政創成 アシスタントの菱沼です。
今回も「いちばんやさしいPython入門教室(大澤 文孝氏著) 」を片手に勉強していきます。
前回はインタラクティブモードとエディタの違いをまとめつつ、最後にPythonicをご紹介しました。今回は前回でも出てきた「print関数」について調べてみました。その過程で文字列操作についても見かけたので、少しだけ一緒にまとめました。

print関数ってなに?

インタラクティブモードでは、プログラムを書いた次の行に結果が表示されますが、エディタになると複数行の記述ができる代わりにプログラムを実行するまで結果が表示されません。そのプログラムを実行したときに、結果を画面に表示させるために使うのがprint関数です。という理解です。
これまでの記事では数値しか扱っていませんでしたが、文字列を表示させることもできます。
print関数の使い方のイメージはこんな感じ。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/hishinuma/hishinuma07.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する