オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

スーパーエンジニアの独り言 > 第97回 インスタント・カーマ

»

私が編集支援しているCTC教育サービスのコラム「スーパーエンジニアの独り言 > 第97回 インスタント・カーマ」が公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###

「『インスタント・カーマ』っていうのは、思いつきとしては『インスタント・コーヒー』と同じようなものだよ。」
 - 「ジョン・レノン」"John Lennon" のインタビュー記事より。
「インスタント・カーマ(インスタント・カルマ)」"Instant Karma! (We All Shine On)" は、一九七〇年に「ジョン・レノン」"John Lennon" が「プラスティック・オノ・バンド」"Plastic Ono Band" 名義で発表したシングル曲です。

ジョン・レノンは、この楽曲「インスタント・カーマ」"Instant Karma! (We All Shine On)" を一日間で創り上げました。
ジョンが朝起きてすぐピアノの前に座り一時間ほど弾いて曲が出来上がると、忘れないように何度も繰り返し演奏しました。午後になるとスタジオを予約して今度は「ジョージ・ハリスン」"George Harrison" を筆頭に馴染みのミュージシャンたちに「素晴らしい曲ができたから、レコーディングしよう」と声を掛けて呼び集めます。リハーサルを済ませて夕方からレコーディングが始まります。今度は「シングルとしてリリースしたい」とピアノに厚みをつけると、次にコーラスを押し上げるために近くのクラブに居た客に声かけてスタジオまで来て貰いセッションに参加して貰いコーラスに厚みができ、エコーを追加して楽曲が完成しました。たった一日間で全て行ったのです。
この歴史的な日は「一九七〇年一月に二十七日」"January 27th, 1970" の事です。
ジョン・レノンはインタビュー記事でこのように回顧しています。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/super/super97.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する