オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

Web担当者が押さえておきたい技術ネタ 第一回「開発環境と本番環境」(古庄道明氏)

»

私が編集支援している人気コラムニスト古庄道明氏の連載が鈴与シンワートで始まりました。興味がある方はご覧ください。

--
今回は「開発環境と本番環境」について、理想と現実の2つの側面から色々と考察をしていきたいと思います。
この辺りは割と色々とトラブルのお話を伺うので、運用面や費用面なども考えながら、いくつか考察をしていきたいと思います。

まず一番マズいと思われる、ただ定期的に伺うのが「本番環境のみ」というケースです。
経緯としては「サービス本番化前までは本番環境で開発、その後もなんとなく慣習的にそれが続いた」といったケースを、比較的多く伺います。
また、現場さんによっては「修正も直接本番のコードを触る」というお話を、実際に何度か伺った事があります。
勿論ケースバイケースではあるので「絶対に駄目」とは言わないのですが。「ごく軽微な文言の修正」を超える修正変更がある時の、エンジニアさんにかかる心理的負担は、かなり大きいのではないか、と思われます。
また「エラー画面がユーザに見えてしまう(かもしれない)」のも、比較的大きな問題点です。また、それを克服するために「エンジニアが修正するのを、真夜中~早朝に限定している」といったお話を伺ったときは、ちょっと色々と思案した事を覚えております。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/web05/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する