オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

テレワークがはじまってからパワーが出なくなった人が、やるべきたった一つのこと

»

online_kaigi_man.png

テレワークが始まる前までは、元気いっぱいだったのに、テレワークが始まってから、元気が出ない人が出始めました。

テレワークになると会社勤務より人と接する時間が物理的に減るので、パフォーマンスが落ちると、成績として目立ちやすくなることもあるので、気を付けたいですよね。成績の話を抜きにしても、サラリーマンとしてパフォーマンスを上げたいところです。

あくまで一般論になりますがテレワークによって以下が起こる可能性が高いです。

・仕事時間の開始時間、終了時間がまちまちである

・仕事の区切りがつきにくい

・社内勤務より仕事の依頼量が増えた

上記によって引き起こされるのは、仕事のサイクルがつかみにくいということだと思います。

社内勤務の際は、ほぼ決まった時間に起きて、朝ご飯を食べて同じ時間の電車に乗って、決まった時間に出社をしていた人が多かったと思います。リモートワークになって、このルーティングが亡くなったので、生活会くるが崩れてしまって自律神経が乱れている人が多いと私は思っています。

自律神経の乱れによって、なんとなくいつもよりパフォーマンスが出ないという人もいるはずです。運動不足により体の活性も落ちているので、なおさらその傾向があると思うのです。皆さんはいかがでしょうか?

たんぱく質を取って、運動をするというのでも復活する人はいると思うのですが、根本的な原因が毎朝のルーティンが無くなったことなので、私は朝のルーティンを決まった時間に行うことをお勧めしたいと思います。これだけで復活する人も多いはずです。

このルーティンは同じ時間に行うことが重要で、運動を伴うのが前提です。

ジョギングでもいいです。

筋トレでもいいです。

お勧めは毎朝6時25分ごろからNHK教育テレビで始まるテレビ体操です。

同じ時間に行って、運動もするので、ルーティンとしては最適だと思います。

興味がある方は是非試してみてください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する