オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

コロナ緊急事態解除のタイミング

»

新型コロナウイルスの状況は、規制すれば経済が死に、緩和すれば人が死ぬという状況です。

外出自粛をして、一時的に感染者が減っても、解除すれば、また波がきます。

結局、治療薬とワクチンができるまでは、のらりくらりと共存するしかないということですよね。

つまり、以下の条件になると思うのです。

・感染者減少が定着⇒限定解除その1

・治療薬完成⇒限定解除その2

・ワクチン完成⇒解除

みんな思っていることだと思います。

今は上記の限定解除その1をするかどうかという話ですね。

日本人は比較的真面目なので、緩やかに解除していけばよいと思います。

ただ、正義感溢れる自粛警察の方は、気持ちはわかりますが、本来的に権限ないので、あかん人がいれば、通報して警察ないし、権限を持った人に任せるべきと思います。

正義と暴力は紙一重の時があって、本当に難しいです。難しいからこそ、本当の警察の方という専門家に任せるべきと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する