オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

テレワークに有効なプライベートLTEによるスマホ向けネットワーク

»

私のDr.Webアンチウイルスコラムが掲載されました。
興味がある方はご覧ください。

「テレワークに有効なプライベートLTEによるスマホ向けネットワーク」
--
五輪をにらみ、政府主導でテレワークが推進されていましたが、新型コロナウイルスの流行により、企業ではテレワークの導入が急速に進んでいます。増えているといっても、テレワーク普及率19.6%(「テレワーク人口実態調査」国土交通省2019年10月)なので、まだまだこれからの企業も多いでしょう。

新型コロナウイルスに関しては、感染から回復した人の中で3割が抗体を作れないという調査結果も出ており、収束にはかなりの期間を要すると思われます。SARS(重症急性呼吸器症候群)も2002年11月から感染拡大が始まり、WHOの終息宣言が2003年7月でしたので、終息まで9カ月かかっているわけです。同じ期間で済むかどうかわかりませんが、2020年1月から始まった新型コロナウイルスも終息するに至るまでには年内いっぱいかかりそうに思えます。

さらに言えば、大型の感染症は10年前後の周期で発生しており、SARSが2002年、パンデミック型インフルエンザが2009年、新型コロナウイルスが2020年なので、今後も最強と言われるウイルス性感染症が発生していくことは容易に想像ができます。

(この続きは以下をご覧ください)
https://news.mynavi.jp/article/virus_drweb-23/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する