オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

Ruby on Rails 海外事情コラム > 第53回 Ruby 2.7.0のRails Ruby Bench Speedは2.6.0から変化なし

»

CTC教育サービスで私が編集支援している野田貴子氏によるコラム「Ruby on Rails 海外事情コラム」第53回「Ruby 2.7.0のRails Ruby Bench Speedは2.6.0から変化なし」が公開されました。興味がある方はご覧ください。

###

なさんこんにちは。今回は、Rubyのバージョンアップによって、Railsのスピードが改善されたのかについてのブログ記事をご紹介します。

Ruby 2.7.0's Rails Ruby Bench Speed is Unchanged from 2.6.0
http://engineering.appfolio.com/appfolio-engineering/2019/12/27/ruby-270s-rails-ruby-bench-speed-is-unchanged-from-260

Ruby 2.7.0のRails Ruby Bench Speedは2.6.0から変化なし

2019年12月25日現在、Ruby 2.7.0のリリースバージョンが公開されています。タイトルにもあるように、基本的には2.6.0と同じでした。

2.7.0シリーズは、速度がほとんど変化していない点で注目に値します。全体的に非常に安定しており、パフォーマンスの変化はほとんどありません。Rails Ruby Benchの結果に見られたのはほんのわずかな傾向のみで、それは多くて1%から2%の差であり、それ以上にはなりませんでした。
その他のニュースも大きな出来事ではありませんでした。2.6.0以上のRailsアプリでは、JITのパフォーマンスはほとんど変わりません。RailsでCRubyのMJITを使用することはお勧めしません。MJITのメインメンテナーである国分崇志も使用を勧めていませんでした。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/ruby/columns/trans/trans53.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する