オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

ゼロから歩くPythonの道 > 第5回 Pythonのエラーメッセージってどういうものがあるの?

»

CTC教育サービスは私が編集支援している菱沼佑香氏のコラム「ゼロから歩くPythonの道 > 第5回 Pythonのエラーメッセージってどういうものがあるの?」を公開しました。興味がある方はご覧ください。

###

こんにちは、吉政創成 アシスタントの菱沼です。
第5回目となる今回も「いちばんやさしいPython入門教室(大澤 文孝氏著)」を片手に勉強していきます。
さて、前回はPython用の統合開発環境IDLEを使って、カレンダーモジュールでいろいろ遊んでみました。今回は、以前、すこしだけ触れたエラーメッセージについてまとめてみたいと思います。
エラーメッセージの出方と読み方

テキスト(Lesson2-5 P40、41)ではエラーメッセージについてこのように記述されています。
・エラーの代表は、文法が間違っているときです。
・「SyntaxError (シンタックスエラー)」は、文法エラーの代表で、スペルを間違えた時はかっこの使い方が違うときなどに良く表示されるエラーです。
・他にも、いくつかのエラーがあります。たとえば、「0 で割る」ことは、数学では許されていません。そのため、「10/0 」のように10 を0 で割ろうとしたときは「ZeroDivisionError 」というエラーになります。
ではここで、以前、私がIDLEを使っていろいろ遊んだ時に出したエラーメッセージにご登場いただきます。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/hishinuma/hishinuma05.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する