オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

人間国宝の先生が作ったお茶碗がカビ臭かったので、最後の手段で電子レンジでチンしてみたら一発解消した件

»

89981639_3086657508010957_5394695398717652992_n.jpg

人間国宝 加藤孝造先生の織部茶碗をネットで購入しました。ネット購入の落とし穴というか、購入してみるとカビ臭いお茶碗でした。

ネットだとかび臭いかわからないんですよね。(そもそもネットで購入するのが良いのかという話もあります)

外見は、写真の通りきれいなのですが、どうにもかび臭いのです。

そこで、ネットで調べて、重曹で煮たり、お酢で煮たりしたのですが、匂いは完全に抜けませんでした。(重曹とお酢で匂いは減りましたが、まだまだでした)

私は高価なお茶碗でも日ごろ使いたい主義なので、匂いが残っているとどうしてもだめなのです。

そこで、ネットで調べたところ、電子レンジで匂いを解消した人がいたので、試してみることにしました。

※楽焼などの柔らかいお茶碗は割れることがあるので注意してほしいとのことでした。硬い茶碗でも古いと割れることがあるように思えます。試される方は自己責任でお願いします。最後の手段という感じだと思います。

90200296_3086761684667206_6538620660531331072_n.jpg

方法は簡単です。まずは、水に30分程度漬けます。

90074832_3086648408011867_2716851558166822912_n.jpg

そのまま電子レンジで10分間温めます。その後は自然に温度が覚めるのを待ちます。2時間から3時間程度でしょうか。かなり時間がかかります。ふちが覚めても、底が高温の時がありますので、気を付けて触ってください。10分ほど電子レンジで温めると、上の写真のように中から汚れが浮き上がってきます。

90049734_3086648401345201_8702852241444306944_n.jpg

かなり汚いですよね。(50年くらい前のお茶碗なので仕方ないと思います)

上の写真は2回目なのですが、1回目の電子レンジの時は、電子レンジの底板に泥が飛び散ったような感じでした。

2回実施したところ、匂いは完全になくなりました。

結局、汚れが出なくなるまで5回ほどかかりましたが、特に割れや欠けも、日々も入らず良かったです。

(見えないところで傷んでいるのかもしれませんが、、)

これからはネットで買うのをやめて、窯元やお店で買うことにしたいと思いました。

それでは今日はこの辺で。

※コメントをされてもコメントが見れないような設定にしましたので、みれません。意見を言いたい方はご自身のSNSでどうぞ。

話は宣伝になりますが、企画力や企画センスに踏み込んだ書籍が3月24日にマイナビ出版から出版されることになりました。

企画センスの中核をなす鳥瞰力を解説した初めての企画書の書籍です。興味がある方は是非お読みください。

ITエンジニアのための企画力と企画書の教科書 ~鳥瞰力で高める企画力とキャリア~

https://www.amazon.co.jp/dp/4839970262/

book.jpg

追伸:こんな文章を書く、私はどんな生活をしているかと言うと、、、以下のFacebookアカウントやインスタを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

https://www.instagram.com/tokyofly04/
※Facebookのほうはキャリアネタのコラムをフォロワーに公開しています。
※プライベートはインスタを見るとわかります。

Facebookアカウント+とるに足らない情報を以下のTwitterアカウントで垂れ流しています。宜しければFollow下さい。

https://twitter.com/_yoshimasa

また私の近況は「吉政忠志」で検索されると大よそみえてきます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する