オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

逆走は一発免停にするべき

»

car_kousokudouro_gyakusou.png

週末別荘に通って、仕事してます。

別荘に通って2年半になりますが、老人の強烈な運転を二回見ています。

1回目は、国道を農道からノンストップで横切る老人です。双方に車が流れているのに、農道からノンストップで横断しているのに遭遇したことがあります。あれ、あの車止まらないと思ってたら、2台手前を間一髪で横切っていきました。

2回目は先日、片側二車線の道に農道からノンストップで右折逆走をした老人が運転する車がありました。その道路は片側2車線の間が中央分離帯になっていて、農道から右折するのは物理的に不可能です。 あれっ?と思ったら、その老人は逆走に気がついて停止をしました。多少余裕があったので、私の前の車もゆっくり止まったのですが、老人はパニックになり、凍りつき、その場で停止したままでした。

右折前に一旦停止すれば気がつくはず。

右折先を確認すれば車が来ているので気がつくはず。

その車は、一旦停止もしないで、右折先も確認しないで片道2車線の広い道路を右折しました。運転者として不適合が過ぎます。

ドライブレコーダーを提出してその証拠をもとに立件できないのでしょうか。

逆走は人の命を奪う可能性がある危険行為です。逆走する人は免許を保持してはいけないです。

逆走しても2点減点ですよね。

軽すぎます。

最低でも6点減点にして、一発免停にする必要があると思います。

それにより、家族が当事者が免停になったことに気が付き、それがきっかけになって、返納する人もいると思うのです。

また、普通車より大型車のほうが減点の点数が高いですよね。

その理由は事故をしたときの影響が大きいからだと思います。

そうであれば、高齢者の減点の点数も上げるべきだと思います。

このように書くと、高齢者から反感をかいそうではありますが、危険運転をする人は処罰を厳しくしないといけないと減らないですよね。

こう思うのは普通の感情だと思います。

それでは今日はこの辺で。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する