オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

夏になれば、コロナウイルスは日本では収束していくと思うけどね

»

virus_manin_train.png

なんて書くと、専門家の人が「夏になるとコロナウイルスが収まるなんて大間違いだ!理由は南半球でも感染が拡大しているからだ。」と言っており、それを信じている人から総攻撃を受けそうだ。

たしかに、コロナウイルスは気温上昇程度では死なないと思う。

でも、免疫力が上がれば、防御しやすくなるのも事実なはず。

調べれば出てくるが、人間の体温が1度上がれば免疫力は30%あがるそうだ。

体温が38度から39度になっても免疫力が上がるとは思わないが、夏になれば、日本人の全員の平均体温が1度くらいは上がるのではないだろうか。

南半球でコロナウイルス感染が広がっているのは、様々な理由があるからだ。

栄養状態、免疫や文化などなどがある。気温が暑くてもほかの理由があれば、感染が普及するはずだ。

日本は今、重症化する人が他国と比べても少なく、死亡数も同様だ。

このまま持ちこたえれば、夏には日本人の免疫力が向上し、収束する可能性が十分にあると個人的に思う。

ただ、今、油断していいとも言わないし、引き続き気を付ける必要があるのは大前提だ。

夏に風邪を引く人もいる通り、夏にコロナウイルスに感染する人もいる。

そういうことではないだろうか。

過度に恐れず、規則正しい生活を行い、免疫力を上げ、感染に気を付けながら経済の向上を図りたいと個人的に思う。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する