オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

何故、高齢者・老人の小便が小便器の外に漏れるのか。トイレが汚れるのか。

»

syoubenkozou.png

10年近く使っていたアークヒルズのライブラリーを退所することにしました。

その理由の一つはトイレが汚いからということでした。

若い人ばかりが使っていたころはそんなことはなかったのですが、ここ数年、老人の方が増えてからトイレの汚れが目立つようになりました。

どのように汚れるかというと、小便器の周りに小便がまき散らすようにびちゃびちゃになっていることが多いのです。

管理事務所に掃除するように伝えてからは、定期的に掃除をするようになったのですが、その掃除もモップで拭くだけなので、巻き散らかされた小便が床に薄く延ばされるだけで、汚いのです。

私は革靴を履くことが多く、その小便が、靴にしみこむのが嫌で、退所することにしました。

退所を決める前のことですが、あまりにもひどいので、何でそうなるのか、またその原因は何なんのかを観察してみることにしました。

ある時、某老人が小便器で用を足そうとしているところに出くわしました。

用を足そうと、老人は老人のホース的なもの(以下、ホース)を小便器に向けていました。(ここまでは普通の行為です)

そして、そのホースから小便が出た瞬間、ホースの方向とは違う方向に小便が飛ぶじゃありませんか。普通はホースの方向よりやや下に向かって小便が飛びますが、斜め横に飛び、小便は小便器の外に出てしまっていました。その後、正常な方向に小便が出るようになり、小便器に収まっていました。

用が終わると、老人は除菌ナプキンで小便器に当たってはねて、自分のズボンについた小便を、あらかじめ用意していた除菌ナフキンで拭いて去っていきました。

汚い、、、(汚い内容のブログですみません)

ちなみに、こぼれた小便はいつも何かべたべたしている感じがしていて、おそらくですが、糖尿病で尿に糖が含まれているのだと思います。尿に糖が含まれているので、ホースの口が糖でノリのようにくっついていて、小便を足すときに、ホースの口がくっついいているから変な方向に飛ぶのだと理解しました。小便をするときに、その口をちゃんと開けてからすれば問題ないのに。(たったそれだけの動作をするだけで解決するはず)

その場所は、いつも小便器の周りがべちゃべちゃなので、きっといつも同じような老人が汚しているのでしょう。

そうそう、その場所は高齢者の方や先生っぽい人たちが会合で使うスペースも併設されているため、よりそうなるんだと思います。

私にできるのは、そういう老人にならないようにしようということと、汚いのが嫌なので、その場所を離れることくらいです。

ただ、言いたいのは他の人が使うトイレを汚してしまうような状態になってしまったら、汚さないようにする方法を実践する(座ってするとか)とか、周りに迷惑をかけないようにするべきだと思います。

そうならないように、気を付けようっと。

Comment(2)

コメント

匿名

私は糖尿病ではないですが40代後半から小便があらぬ方向に飛ぶようになりました。(口がくっついているわけでもないと思うのですが。)外での小便器では張り紙されているように「一歩前」を心掛ければ問題ないですが、自宅の洋式ではどう注意してもはみ出して妻に叱られるので、座ってするようにスタイルを変えました。

吉政忠志

やはり座るのが、いいですよね。汚さないようにするのが一番だと思います!

コメントを投稿する