オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

ゼロから歩くPythonの道 > 第3回 IDLEを使って計算してみよう!

»

私が編集支援している当社アシスタント菱沼佑香のCTC教育サービスコラム「ゼロから歩くPythonの道 > 第3回 IDLEを使って計算してみよう!」が公開されました。興味がある方はご覧ください。

###

さて、3回目の今回は、いよいよ...いよいよIDLE(Python用の統合開発環境)を触ります。ちなみにフライングしまくって、1回目の時にはインストールが完了しています。とりあえず触ってみたいなという方はPython公式サイトから最新版である3系をダウンロードしてください。2系はサポートが2020年1月1日で終了しますので、2系である必要がない限り、3の利用をお勧めします。
私はWindowsなので、公式サイトでDLできるものだけでOKですが、Macを利用している方はTcl/Tk(ティクル・ティーケー)というプログラムが必要になるそうです。
また、MacにはPython2がデフォルトでインストールされているようです。起動する際はバージョンにご注意ください。

Python用の統合開発環境「IDLE」を触ってみよう!

さて、IDLEさんに初めてお願いするのは計算です。
起動すると、最初の行に表示される文章はバージョンの情報です。さらにその次の行に「>>>」が表示されていますが、これがインタラクティブモード(対話モード)という状態で、ここにやってほしい処理の入力をします。
今回は計算をしたいので、1+1と入力。すると、次の行に結果である「2」が表示されます。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/hishinuma/hishinuma03.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する