オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

スーパーエンジニアの独り言 > 第90回 イングランド・ロスト(CTC教育サービス))

»

私が編集支援しているスーパーエンジニアの独り言コラム第90回 「イングランド・ロスト」がCTC教育サービスで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###

今回は、サッカーの試合でイングランドを見に行って「負けた」ということで始まった話が、いつの間にかイングランドが「迷子」になっていたという物語についてです。
この物語が伝えているのは、叱責というよりも「何をやっているんだ」と呆れ果てている様子です。
「負けた」から「迷子」になって、仕舞には「なくなった」になるのですから。

『イングランド・ロスト』:
負けだ、負けだ、負けだ、負けだ。
イングランド戦を見に行った。でも、負けちまった。
イングランド戦を見に行った。でも、負けちまった。
負けだ、負けだ、負けだ。来たくなんかなかったのに。
イングランドを見に行った。でも、負けちまった。
イングランドを見に行った。でも、負けちまった。
俺は、イングランドを見に行った。
俺は、見に行った。
俺は、行った。
俺は、
入ることもできないし、出ることもできない。
たぶん、それが本当のところなんだろう。
イングランドを探しに行った。でも、
イングランドを探しに行った。でも、
イングランドを探しに行った。でも、
イングランドはなくなっていたんだ。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/super/super90.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する