オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

小規模起業を考えている方)オフィスなんかなくても利益を出せますよ~10期も増収増益になったモデルとは~

»

16298766_1424891287520929_2114345794758020706_n.jpg気が付けば、創業10期目が終わり、増収増益となり、納税額も過去最高になった。(年商2000万円になって増収増益というようなレベルの話ではないのである)

うちのビジネスモデルの特徴は以下である。小規模企業を目指す人にはお勧めのモデルである。

・オフィスがない。

・アシスタントさんが13名もいるのに、アシスタントさん同士は顔を合わせたことがない(はず)

・アシスタントさん毎に業務が固定化されている(メルマガばかり各方はメルマガばかりで、原稿回収の方は原稿回収ばかりだったりする)

・業務連携があるていど自動化されているので、依頼文章は100文字もあれば十分。すごい例でいえば、アシスタントAさんが原稿を作りWebに公開すると、それを自動巡回でチェックしたアシスタントBさんが別のシステムに入力するみたいな、自動処理がガンガン流れていく仕組み

・アシスタントさんは固定給がなく、100%出来高払いなので、短時間で高品質にした方が儲かるため、必然的に残ったアシスタントさん達は頭の回転が良く、仕事が正確な人ばかりになった。

こんな感じなので、普通の会社とは利益構造が相当違う。

それ故に、うちの会社のサービスは競合他社の半額から1/3くらいの金額で提供しても、利益が出るのだ。(利益が出るというより、大量の仕事をこなすので、売り上げが伸び、仕入れがないので利益が出るのだ)

このモデルは本当に成功だった。

ただ、このモデルの欠点は、体力の限界=売り上げの限界なのだ。まぁ当たり前かww

そこで、筋トレして、頭のトレーニングもして、処理能力向上をボケ防止もかねてやっている。

さぁどこまでやれるか。80歳までは橋率tづけるつもりだ。狙っているのは、「吉政の爺さん、どんだけタフなんだよ。サイボーグかよ」とか「吉政の爺さん、どんだけ仕事が好きなんだよ。よくやるよねー」とか言われる爺さんになることなのだ。

タフでキレキレな爺さんを目指すぞ。

乞うご期待!

この起業のやり方は、本当に本にしたい。

それでは今日はこの辺で。

※コメントをされてもコメントが見れないような設定にしましたので、みれません。意見を言いたい方はご自身のSNSでどうぞ。

話は宣伝になりますが、企画力や企画センスに踏み込んだ書籍が3月24日にマイナビ出版から出版されることになりました。

企画センスの中核をなす鳥瞰力を解説した初めての企画書の書籍です。興味がある方は是非お読みください。

ITエンジニアのための企画力と企画書の教科書 ~鳥瞰力で高める企画力とキャリア~

https://www.amazon.co.jp/dp/4839970262/

51zFonJPB6L._SX351_BO1,204,203,200_.jpg

追伸:こんな文章を書く、私はどんな生活をしているかと言うと、、、以下のFacebookアカウントやインスタを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

https://www.instagram.com/tokyofly04/
※Facebookのほうはキャリアネタのコラムをフォロワーに公開しています。
※プライベートはインスタを見るとわかります。

Facebookアカウント+とるに足らない情報を以下のTwitterアカウントで垂れ流しています。宜しければFollow下さい。

https://twitter.com/_yoshimasa

また私の近況は「吉政忠志」で検索されると大よそみえてきます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する