オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

ヤマハスマートL2 PoEスイッチ SWX2210Pシリーズが発表されました

»

私が編集支援している人気コラムニストの濱田康貴氏によるコラム「スマートL2 PoEスイッチ SWX2210Pシリーズが発表されました」がSCSKで公開されました。
興味がある方はご覧ください。
--
みなさんこんにちは。パイプラインの濱田です。昨年末に、スマートL2 PoEスイッチ SWX2210Pシリーズが発表されましたね。早速ヤマハ スマートL2 PoE スイッチ SWX2210Pシリーズのご紹介動画も発表されています

■スマートL2 PoEスイッチのポートが増え、PoE給電設定が柔軟に

Wi-FiアクセスポイントやIP電話の普及にともない、ポート数の多いPoE対応L2スイッチの需要は高まっています。仮にWi-Fiアクセスポイント1台でフロア全体を賄うことができたとしても、各座席にIP電話を設置したいとなると、どうしてもPoE対応L2スイッチが必要になります。

これまでスマートL2 PoEスイッチは8ポートのSWX2200-8PoEのみでしたが、SWX2210Pシリーズでは、10ポート、18ポート、28ポートがラインナップされました。また、給電仕様としてIEEE802.3atに準拠し、1ポートあたり最大30Wを給電できるので、IEEE802.11ac準拠の無線LANアクセスポイントやPTZのIPカメラなど、多くの電力が必要となるPoE受電機器にも対応されます。

(この続きは以下をご覧ください)
https://router-switch-jirei.jp/archives/2102

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する