オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

成長率2倍のヘルスケア スマホアプリの忘れがちな差別化について

»

私がオムロン ヘルスケアで連載しているコラムの最新号が掲載されました。

「成長率2倍のヘルスケア スマホアプリの忘れがちな差別化について」

興味がある方はご覧ください。

###
昨年、興味深い発表があった。株式会社電通デジタル/フラー株式会社による発表資料(*1)によると、今後2年間でヘルスケア&フィットネスアプリの利用率は現状の5%から10%に達するそうだ。資料にはヘルスケア&フィットネスアプリを入れた人が約33%、入れたけど使っていない利用者が約28%存在しているとある。

つまり続かない人が大半である。

筆者も過去に2回3回とヘルスケア&フィットネスアプリを入れてはみたが、結果的に続いていない。続いているのはOMRON connectのアプリだけだ。このように書くと宣伝のように思えるかもしれないが、続いているのには大きな理由があるのだ。その理由は「物理的な機械と奇麗に連携できている」ということだ。これは大きい。

例えば、脱衣所に行けば、OMRON connectに対応している体重体組成計が置いてあり、顔を洗う前に体重体組成計に乗ってみることが習慣化されている。物理的な機械が存在していると、日常で目に触れるので習慣化しやすいのだ。その体重体組成計はOMRON connectに対応しているので、スマホアプリへの記録も自動なのである。ヘルスケア&フィットネスアプリのポイントは苦も無く習慣化できること、記録の手間がかからないことが重要なのである。

(この続きは以下をご覧ください)
https://datahealthcare.omron.co.jp/series/yoshimasa0401

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する