オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「RPAは実際に導入した会社にヒアリングしたり、導入事例を見たりすることは重要」

»

私の「ERP千里眼」第10回が日商エレクトロニクスで公開されました。

「RPAは実際に導入した会社にヒアリングしたり、導入事例を見たりすることは重要」

興味がある方はご覧ください。

###
人材不足の状況を社員の頑張りで乗り切り、努力と工夫を重ね生産性を高め、それでも足りず残業をしている会社は実際に多いと思います。社業が充実して業績が伸びている会社には多い傾向だと思っています。このような状況なのですが、政府主導で労働時間の短縮が進められ、「業績を伸ばしたうえで、一定数以上の残業はNGでサービス残業ももってのほか」という指示が下りてきているケースも正直多いですよね。現場からは乾いたぞうきんを絞るように更なる工夫と努力を重ねるしかないと感じている方も多いと思います。

上記のような企業であってもなくても、全ての企業で生産性の向上が求められています。

RPAはERPや業務システムの生産性向上を実現できる可能性の高い新しい技術です。

(この続きは以下をご覧ください)
https://erp-jirei.jp/archives/1163

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する