オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「監視カメラ購入の際に忘れていけない選定基準」

»

私がSCSKで編集支援している佐々木晶子氏によるコラム「総務部門で押さえておきたいネットワーク動向」の第2回が公開されました。

「監視カメラ購入の際に忘れていけない選定基準」

見落としがちで重要な話だと思います。興味がある方はお読みください。

###
監視カメラ市場は年率で15%ほど伸びています。その目的は防犯、防災、計測・記録です。採用する際の選択基準としては、以下があるといわれています。

(A)割と台数がまとまることが多いので、コストが安いこと
(B)画質が高いこと
(C)効率よく画像のバックアップができること
(D)売れているメーカー製品であること
などが重要です。

 (D)についてはカメラ自体が機械なので壊れることがあります。そのときにカメラを交換するのですが、売れていないメーカーの製品だと、撤退されていて新しいカメラを入手することができなくなり、すべてを交換するようなことにもなりかねないので注意が必要です。特に海外製品は撤退や買収なども普通にあるため、その点に注意しましょう。

(この続きは以下をご覧ください)
http://www.g-soumu.com/column/2017/08/network02.php

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する