オルタナティブ・ブログ > 加藤順彦|Asian視座で未来予想 >

ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

Sanctuary Asia Holdings Pte Ltdに参画しました。

»

ご報告です。
わたくし加藤順彦はこのたび1994年創業の有限会社サンクチュアリの親会社としてシンガポールに新たに設立したSanctuary Asia Holdings Pte Ltdの資本と経営に参画いたしました。


同社の創業は、バーの経営から。
最初のお店「BAR ROCKWELL'S」は、4人の(当時)学生だった創業者たちが映画『カクテル』に憧れ、多額の借金を抱えつつ、千葉市中央区に創ったお店です。

ノーマン・ロックウェルの絵に囲まれながら、Rockが流れ、酒を飲み、共に熱く語り、音を楽しみ、酔いしれる...オーナーが替わった今もなお、その歴史は引き継がれています。
(上大岡、吉祥寺、父島と、2年間で4店舗に広げていったそうです。)

代表取締役である松岡暢彦さんは、バーの運営事業と同社が翌1995年7月に立ち上げた出版事業を、1998年11月にサンクチュアリ出版 http://www.sanctuarybooks.jp/ とに事業分割した際に、全株式を取得。
その後、下北沢にバー「BEEPFOREST」を開店し、長く営んできた人です。
(このバーは、後にサンクチュアリ創業者のひとりである高橋歩さんが営む株式会社A-WORKSに営業を譲渡、「FREEFACTORYと改名して、現在も営業しています。)

***************


松岡暢彦さんは、僕の箕面高校の同級生でいちばん仲の良かった松岡くんの従弟です。

今年2015年7月、松岡さんはシンガポールに小旅行に出ることを彼に伝えた際に、僕の話題に及んだらしく、
そのまま『従兄から噂をきいたので、シンガポールで逢ってください』的なFacebookメッセージを唐突にくれたのです。

家の近くのスタバで初対面だったのですけど、彼が『高橋歩さんがかつて創業したサンクチュアリの社長』と聞いて、たいへん驚きました。

というのも、
不肖加藤が2013年に製作した映画『Fly Me to Minami 恋するミナミ』 http://flyme2minami.com/ の主演、小橋賢児さんが、2011年に監督した『DON'T STOP』の主役が高橋歩さんだったからです。

同作『DON'T STOP』は車椅子の不良おやじの夢=アメリカ横断旅行を叶えることを通じて、多くの学びを得るというドキュメンタリー映画です。 http://cineref.com/report/2012/08/dont-stop.html 

皆さんにもこの映画、ぜひ観てもらいたいんですけど、、、、僕がひとしお衝撃を受けたのは、高橋歩さん http://www.ayumu.ch/index.html という、実にユニークな人物の存在でした。

松岡暢彦さんは、その歩さんの小学校以来の同級生という仲で、同社の経営を引き継いで、早18年になるということだったのです。


***************

そんなご縁がキッカケとなって、小職のサンクチュアリの資本と経営への参画という運びとなりました。
これから一緒になって、これから日本の、そしてアジアの××××業界に革命を起こそうと企んでいます!
どうぞご期待ください。


同社は、数年の休業期間を経て、2012年9月よりシェアハウスの運営事業を行っています。

そのうちの一棟である『atelier apartment荻窪』



こちらはもともと古い八百屋だったのですが、自ら物件をリノベーションし、より快適で居心地の良いハウスに仕上げた同社の管理物件です。 http://share-share.jp/house/detail/?house_id=1051



・賃料  54000円
・水道光熱費  10000円
・共益費  1000円
・合計  65000円



ちょうど10月10日から一部屋空きます。(写真はatelier apartment荻窪の、お部屋の一例です。)

契約時デポジット(消却) は通常3万円なのですが・・・このブログをご覧戴いたという方は15000円させていただきます。内覧のお申し込みお待ちしております。

そう、もれなく松岡さんが現地を案内してくれると思いますYO!♪ 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する